メッシ先発のバルセロナが今季初黒星!その対戦相手は…?

・メッシ先発のバルセロナにまさか・・・
リオネル・メッシ 現地時間17日、スペイン国王杯準々決勝ファーストレグが行われ、リーガ・エスパニョーラ首位のバルセロナは、敵地RCDEスタジアムでエスパニョールと対戦した。

今シーズンここまで公式戦未だ負けなしのバルセロナは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表MFパウリーニョ、スペイン代表DFジェラール・ピケ、デニス・スアレス・フェルナンデス、カルレス・アレーニャ等が先発。

ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチといった主力選手の一部はベンチスタートとなった。

対するホームでアップセットを狙うエスパニョールは、ジェラール・モレーノ、セルゲイ・ダルデル、エステバン・グラネロ等ベストメンバーが先発出場。

前半からバルセロナが優位に試合を進めると、リオネル・メッシを中心にエスパニョールゴールを攻めたてる。しかしながら、幾度となく放たれたシュートは、何れもゴールネットを揺らすには至らない。

後半に入って、バルセロナにビッグチャンスが到来する。61分、ペナルティエリア内でスペイン代表DFセルジ・ロベルトが倒され、バルセロナにペナルティキックが与えられた。

しかしながら、キッカーを務めたメッシのシュートは、相手守護神ディエゴ・ロペスのビッグセーブによって掻きだされてしまった。

決定機を逸してしまったバルセロナは、終盤エスパニョールの猛攻にさらされることとなる。
すると後半アディショナルタイム突入間際、サイドバックのリュカ・ディニュの裏を突かれてクロスを許すと、最後は途中出場のオスカル・メレンドに押し込まれてまさかの失点。

なんとこのゴールが決勝点となり、リオネル・メッシを先発させたバルセロナが、伏兵エスパニョールに敗れるという大波乱が起きたなった。
思わぬところで今シーズン初黒星を喫したバルセロナは、25日セカンドレグでカンプ・ノウにエスパニョールを迎える。

本拠地で無事逆転勝利を手にすることができるだろうか…。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑