モラタがチェルシー移籍!ルカク獲得失敗が交渉進展に拍車?

・約101億円の大型移籍
長期にわたって続いた移籍騒動がようやく終焉を迎えた。現地時間19日、スペイン代表でレアル・マドリード所属のアルバロ・モラタが、チェルシー移籍で合意した。チェルシー、レアル・マドリードが正式に発表し、残すはモラタのメディカルチェックだけ。
イギリスメディアの「スカイスポーツ」によれば、移籍金は5800万ポンド(約84億円)で、これに出来高のボーナスが加わる。最大で7000万ポンド(約101億円)になるんだそうだ。

昨シーズン、ユベントスから古巣のレアル・マドリードへ復帰したこのスペイン代表フォワードは、16-17シーズン公式戦通算20得点をマークする等活躍。しかし、同ポジションに元フランス代表のカリム・ベンゼマ、ポルトガル代表のクリスチアーノ・ロナウドといった選手がいるレアル・マドリードでは、やむを得ず控えフォワードに甘んじていた。

当初、この待遇から逃れるためにユベントスへ渡ったモラタは、ユベントスでシーズン通して活躍し、チャンピオンズリーグ決勝戦でもゴールを決めたが、ジネディーヌ・ジダン監督に替わったレアル・マドリードへ戻っても、「2番手待遇」は変わらなかった。

そういったこともあり、モラタはシーズン中から今夏の退団を希望していた。そのため、ミラン、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブが獲得争奪戦に参戦。
とりわけマンチェスター・ユナイテッドとは一時個人合意に達していた。しかし、最後は大外からチェルシーが獲得する運びとなった。やはり、ベルギー代表のロメル・ルカクを直前でユナイテッドに奪われたことが、今回のモラタの移籍の進展に拍車をかけただろう。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・ジエゴ・コスタの代役になれるか
チェルシーは、アントニオ・コンテ監督との不仲説も取りざたされている、現エースストライカーのスペイン代表のジエゴ・コスタが退団することが濃厚とされている。この話は昨シーズンの終わりあたりから現実味を帯び始め、チームは今夏のマーケットで純粋なセンターフォワードをどうしても獲得する必要があった。

ロメル・ルカクの他にも、ドルトムントでガボン代表のピエール=エメリク・オーバメヤン、トリノでイタリア代表のアンドレア・ベロッティ、マンチェスター・シティでアルゼンチン代表のセルヒオ・アグエロといった選手をリストの最上位に挙げていた。しかし、最終的に獲得合意に至ったのはモラタだった。

現在レアル・マドリードでアメリカ遠征に帯同しているモラタは、メディカルチェックを済ませた後にシンガポールに移ってチェルシーの一員としてICCに参加する予定だ。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑