ラオニッチが地元18歳を前にストレート負けの大波乱

・世界ランク208位A・デ ミナーが大金星
ラオニッチ現地時間3日、男子テニスのブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)のシングルス二回戦が行われた。

この日、早々見ることのできないアップセットが起こった。
18歳の世界ランク208位A・デ ミナー(オーストラリア)が第4シードのM・ラオニッチ(カナダ)をストレートで破るという大波乱が起きた。

第一セットを6-4を制すと、続く第二セットも6-4で制してA・デ ミナーがツアー初の8強進出を果たした。

ツアー通算8勝を誇るラオニッチを前にして、このオーストラリアの若武者は全く動じなかった。第一セットをあれよあれよと言う間に先取すると、第二セットはブレークを二度成功させてゲームカウント5-2で王手をかける。

その後ラオニッチに第8ゲーム、第9ゲームと連取され一時暗雲たちこめたものの、第10ゲームを獲得して、1時間33分で世界ランクトップ30の選手から初めて白星を奪った。

試合後、ブリスベン国際の公式TwitterアカウントにてA・デ ミナーの「まだ信じられないよ」というコメントが掲載された。歴史的大金星を挙げたてA・デ ミナーは、準々決勝でM ・モウ(アメリカ)と相まみえる。

そのM ・モウ(アメリカ)は、2回戦で第8シードの難敵M・ズベレフ(ドイツ)相手にストレートで勝利し、こちらも波に乗っている。

・アンディ・マレーは棄権
尚、第3シードのN・キリオス(オーストラリア)は2回戦で、M・エブデン(オーストラリア)相手に辛勝して8強へ勝ち進んだ。また、第2シードでエントリーしていたアンディ・マレー(イギリス)は右臀部の故障で棄権が発表された。

ちなみに、世界ランク22位の錦織圭、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)は欠場している。

今日はブリスベン国際ディフェンディングチャンピオンで第1シードのグリゴル ディミトロフ(ブルガリア)が登場。ジョン ミルマン(オーストラリア)と二回戦を戦う予定だ。

その他、ウズベキスタンのデニス イストミンはアメリカのジェリード ドナルドソンと、アメリカのライアン ハリソンはドイツのヤニック ハンフマンと、韓国のチョン ヒョンはイングランドのカイル エドモンドとそれぞれ激突する。

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑