リバプール三銃士が偉業達成 CL史上初同一チーム3人が二桁得点

NEW!
CLグループステージ組み分け決定!2018/19シーズン

サラー、マネ、フィルミーノが揃って10得点

サディオ・マネ13シーズンぶりのビッグイヤー獲得を目指して挑んだチャンピオンズリーグ決勝戦。失意の敗戦に終わったリバプールだが、その圧倒的な攻撃力は世界中に大きなインパクトを残した。

レアルマドリードリバプールレアル対リバプール
3 – 1
試合終了
チャンピオンズリーグ決勝
5/26 ・ 27:45

なんと、今シーズンチャンピオンズリーグで、エジプト代表FWモハメド・サラー、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネの三銃士がいずれも10得点をマークしたのだ。
同一チーム内で、3人の選手が二桁ゴールをマークするというのは、チャンピオンズリーグ史上初の快挙となる。

レアル・マドリードとのファイナルを迎える時点で、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラーがそれぞれ10得点、サディオ・マネが9得点という状況だった。

そして、今日未明に行われた決勝戦で、マネが1ゴールを決めたことにより通算10得点に。これにより、3トップ全員が二桁得点達成

ちなみに、これまでの同一チームにおける上位3選手の合計得点最多記録は2013-14シーズンのレアル・マドリードで、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、ギャレス・ベイルがマークした28ゴール
今シーズン、リバプールのトリデンテが30ゴールの大台に乗せてトップに躍り出たというわけだ。

NEW!
UEFAが発表した
2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ
ベストメンバー一覧

【CL決勝結果】途中出場ベイルが圧巻ゴラッソ2発で試合決める

サラーにスポットが当てられがちだが…

さらに驚きなのが、マネはチャンピオンズリーグ通算出場数11試合に過ぎない。
データ分析会社「オプタ」によると、11試合で二桁ゴール達成というのはかつてインテル・ミラノで活躍した元ブラジル代表のアドリアーノに並ぶ大会最速記録となるそうだ。

プレミアリーグで最多得点記録を更新して得点王、MVPのダブル受賞を果たしたモハメド・サラーにスポットが当てられがちだが、ともにシーズンを戦ったフィルミーノ、マネもチャンピオンズリーグ史に名を残すような大活躍を見せていたのだ。

リバプール

間違いなく今シーズン最も輝きを放ったトリオ。残念ながら、プレミアリーグ、FAカップ、カラバオカップ、そしてチャンピオンズリーグとすべてのタイトルを逸してしまったリバプールだが、11年ぶりの欧州決勝の舞台への返り咲き、プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティを圧倒する等見せ場は多かった。

サポーターたちの今シーズンの満足度は計り知れないものだろう。

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑