リバプール主将がレアルとの大一番に意気込み「2年前とは違う姿を見せる」

NEW!
CLグループステージ組み分け決定!2018/19シーズン

ヘンダーソン「ELの悪夢を忘れたことはない」

ヘンダーソン絶対的王者との大一番を前に、リバプールの主将がこの試合に対する思いの丈を語った。

2シーズン前のヨーロッパリーグ決勝戦で、あと一歩のところで王者セビージャの前に散りユルゲン・クロップ体制初のタイトル獲得を逃したリバプール。
そして今回は、チャンピオンズリーグ決勝戦で奇しくも前回と同じくスペイン勢、そして現王者との対戦に挑もうとしている。

そんな大一番を前に前日会見に出席したリバプールのキャプテンジョーダン・ヘンダーソン(イングランド代表)は、そんな2年前の悪夢を払拭したいと語った。

「我々は、あの時の経験を糧に戦いに挑むことができる。2年前のヨーロッパリーグ決勝は酷く苦い思い出の一つだし、今後忘れることは絶対にない。しかしながら、私たちは今回そのときの苦い思い出をモチベーションに変換することができる。あの夜から我々は間違いなく成長した。最も大切なのはタイトルを獲得すること。明日はそれができると信じている。」

13年前の2005年に当時ACミラン相手に0-3から大逆転勝利を収め、ビッグイヤーを獲得した際のレッズのキャプテンも、同じくイングランド代表で同じポジションを務めるスティーブン・ジェラードだった。

今回優勝することで、そんなクラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラードに追いつけるのでは?という質問に対してヘンダーソンは、「これは僕個人の戦いではないし、誰かと肩を並べるために行う試合ではない」と一蹴。

戦力外から這い上がった主将の意地

加えてヘンダーソンは、「リバプールというクラブを背負って、我々自身の歴史を作り替えるための戦いだ。私たちは、ここまで勝ち上がってくる過程で素晴らしい功績を積み上げたと自負してるが、もう一歩先に進みたい。絶対にチャンピオンズリーグを制覇したい」と意気込みを語った。

ヘンダーソンは、キャプテンを務めながら現在のクロップ体制で一度戦力外通告を受けてベンチに入ることもままならない時間を過ごした選手。
そこから這い上がってくる精神力というのは、さすがこのビッグクラブでキャプテンマークを巻いて、あのスティーブン・ジェラードと比較される男だ。

レアル・マドリードとの決勝戦では、2年前とは違った姿を見せることができるだろうか。
そんな注目のチャンピオンズリーグ決勝戦は、日本時間26日27時45分キックオフ予定となっている。


レアル・マドリード対リバプール【CL予測とオッズ】
チャンピオンズリーグレアル・マドリードが招集メンバー発表!
チャンピオンズリーグリバプールが招集メンバー発表!
チャンピオンズリーグCL決勝前にC.ロナウドが抱負語る「俺たちは3連覇できる
レアルマドリードリバプールレアル対リバプール
チャンピオンズリーグ決勝
5/26 ・ 27:45

レアルにベット リバプールにベット
チャンピオンズリーグ3連覇狙うレアルVS13季ぶり栄冠狙うレッズ
チャンピオンズリーグサラー、マネ、フィルミーノの3トップが遂にBBC越え?


他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑