リュカ・エルナンデスがブンデス最高額でバイエルン加入!

満を持してドイツ王者の一員に…

リュカ・エルナンデス現地時間27日、ブンデスリーガ首位のバイエルン・ミュンヘンが、アトレティコ・マドリーに所属する23歳のフランス代表DFリュカ・エルナンデスが夏に加入することを公表した。

ドイツメディア『ビルト』によると、リュカ・エルナンデスの移籍で動いた移籍金は、ブンデスリーガ史上最高額なのだそうだ。

マルセイユ出身のリュカ・エルナンデスは、地元の強豪クラブであるオリンピック・マルセイユに加入せず、ラ・リーガ・サンタンデールのアトレティコ・マドリードのユースチームに加わった。

2014/15シーズンにトップチームデビューを果たすと、2017/18シーズンには主力としてヨーロッパリーグ制覇を経験。
今シーズンはここまで公式戦22試合に出場し1得点をマークしている。

昨年開催されたロシアワールドカップでは、フランス代表の主力サイドバックとして優勝に貢献する等、その名を一躍世界にとどろかせた。

ロシアワールドカップふり返り 

そんなリュカ・エルナンデスの移籍において、バイエルン・ミュンヘンがアトレティコ・マドリードへ支払った移籍金は8000万ユーロ(約100億円)にまでのぼる…。

言うまでもなくブンデスリーガ史上最高額となったわけだが、これまでの1位は、ユリアン・ドラクスラーが2015年にシャルケからヴォルフスブルクに加入した際の4300万ユーロだ。

ドラクスラーの移籍金は当時大きなニュースとなったが、そのおよそ倍の価格でドイツ王者の一員となったリュカ・エルナンデス。
来シーズン以降の活躍に目が離せない。

ブンデスリーガ移籍金ランキング

ちなみに、ブンデスリーガの移籍金ランキング・トップ10は以下の通りとなっている。

1位 リュカ・エルナンデス(8000万ユーロ)
2位 ユリアン・ドラクスラー(4300万ユーロ)
3位 コランタン・トリッソ(4150万ユーロ)
4位 ハビ・マルティネス(4000万ユーロ)
5位 アルトゥーロ・ビダル(3750万ユーロ)
6位 マリオ・ゲッツェ(3700万ユーロ)
7位 ベンジャマン・パヴァール(3500万ユーロ)
7位 マッツ・フンメルス(3500万ユーロ)
7位 レナト・サンチェス(3500万ユーロ)
10位 アンドレ・シュールレ(3200万ユーロ)

ベッティングトップ10では、今週も世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑