リーベル対ボカの南米CL決勝戦結果【120分に及ぶ死闘】

アルゼンチンライバル対決を制したのは

リーベル現地時間9日、南米チャンピオンズリーグに当たるコパ・リベルタドーレスの決勝戦セカンドレグがサンティアゴベルナベウで行われ、リーベルプレートとボカ・ジュニオルスが激突した。

先月行われたファーストレグの後、リーベルプレートのサポーターがボカ・ジュニオルスのクラブバスを襲撃したことにより、選手が負傷する等の異常事態に発展したライバル対決。

これにより、リーベルプレートのホームで開催されるはずだったコパ・リベルタドーレスの決勝戦セカンドレグは、レアル・マドリードのホームグラウンドであるサンティアゴベルナベウで行われた。

欧州CLの最新オッズをチェック!

異様な雰囲気の中開催された試合は、前半43分に大きな動きを見せる。

立ち上がりから攻勢だったボカ・ジュニオルスは、、ナンデスのスルーパスを受けたベネデットが相手ディフェンスを冷静に交わして、ゴール右隅へシュート。

これがリーベルプレートゴールに吸い込まれて、ボカ・ジュニオルスが待望の先制点をマークする。

なんとか同点に追いつきたいリーベルプレートは、67分に反撃。

フェルナンデスがパラシオスとのワンツーでペナルティーエリア内に侵入すると、そのままダイレクトで蹴りこんで試合を振り出しに戻した。

試合は120分に及ぶ死闘に…

その後両者決死のディフェンスで得点を与えず、死闘は延長戦へ…。

すると、延長戦キックオフ直後、ボカ・ジュニオルスのバリオスが二度目の警告を受けて退場するアクシデント。

ここからリーベルプレートの猛攻が始まる。
108分、ゴール前でボールを受けたコロンビア代表のキンテーロがワントップから華麗にコントロールシュート。

これが見事に決まり、リーベルプレートが勝ち越しに成功する。

さらに、後半アディショナルタイムには素早いカウンターからマルティネスがダメ押しゴールを決めて、試合終了。

結果、リーベルプレートが120分に及ぶ激闘を3-1で制し、3年ぶり4度目の南米王者に!
同時に、FIFAクラブワールドカップへの出場権も獲得した。

クラブワールドカップの日程をチェック!

Tags:


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑