レアル退団のロナウド それでも「2018年レアル得点王」の偉業

ロナウドが2018年のレアル得点王に

クリスティアーノ・ロナウド現地時間29日、セリエA第18節でサンプドリア相手に圧巻の2ゴールを披露したユベントスのクリスティアーノ・ロナウド。

前半戦で無双したポーランド人アタッカーの クリシュトフ・ピアテク(ジェノア)をとうとう抜き去り、14ゴールで得点ランキングトップに躍り出た。

戦いの場をセリエAに移しても、その決定力は健在のクリスティアーノ・ロナウドだが、なんとシーズンまで所属していたレアル・マドリードでの年間最多ゴール選手となったそうだ。

スペインメディア「マルカ」のデータによると、2018年レアル・マドリードで最も多くのゴールを決めたのはクリスティアーノ・ロナウドなんだとか。

昨シーズン、ジネディーヌ・ジダンの元でUEFAチャンピオンズリーグ3連覇を達成したレアル・マドリードだが、ロナウドの得点数が光るということは、それだけ現在のアタッカーの出来が今ひとつということも言える。

わずか22試合で年間得点王に…

なお、2018年のレアル・マドリード得点ランキングトップ10は以下のとおりとなっている。

  • 1位-クリスティアーノ・ロナウド-28ゴール(22試合)
  • 2位-ギャレス・ベイル-27ゴール(48試合)
  • 3位-カリム・ベンゼマ-18ゴール(53試合)
  • 4位-セルヒオ・ラモス-10ゴール(44試合)
  • 5位-マルコ・アセンシオ-8ゴール(54試合)
  • 5位-イスコ-8ゴール(43試合)
  • 7位-ルーカス・バスケス-7ゴール(52試合)
  • 7位-マルセロ-7ゴール(38試合)
  • 9位-カゼミーロ-4ゴール(44試合)
  • 9位-トニ・クロース-4ゴール(42試合)

このランキングを見て分かる通り、クリスティアーノ・ロナウドは唯一出場試合数が20試合台となっている。

それでいて、48試合に出場しているギャレス・ベイル、53試合に出場しているカリム・ベンゼマの得点数を上回っているのだ。

近年のレアル・マドリードは、クリスティアーノ・ロナウドを軸としてヨーロッパサッカーを席巻してきた。

今月は、FIFAクラブワールドカップを制覇してソラーリ体制1冠目を獲得したが、2019年は本当の意味で「脱・ロナウド」の真価が問われる…?

クラブワールドカップ決勝戦結果

ベッティングトップ10では、毎週世界各国の注目ゲームをピックアップしてオッズ記事を更新します!

ラ・リーガ最新優勝予想オッズをチェック!

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑