レスター・シティがFAカップ3回戦再試合に挑む

・岡崎はヴァーディ等とともにベンチスタート
レスター・シティ現地時間16日、イングランドFAカップ3回戦再試合が開催され、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは3部フリートウッド・タウンと4回戦進出をかけて対戦した。

この日はプレミアリーグ前節先発出場の岡崎、イングランド代表ジェイミー・ヴァーディ等一部レギュラー組がベンチスタート。

代わってフォワードにはナイジェリア代表のケレチ・イヘアナチョ、アルジェリア代表のイスラム・スリマニが起用された。
その他、アルジェリア代表MFリヤ ド・マフレズ、ポルトガル代表MFアドリアン・シウヴァ、オーストリア代表DFクリスティアン・フクス等が先発に名を連ねた。

対するフリートウッド・タウンは、カイル・デンプシー、ジョーディ・ヒワラ、コナー・マカレニー等前回の対戦に続いてベスト布陣で挑んできた。

試合は戦前の予想通りレスター・シティが主導権を握る。すると前半アディショナルタイム間際に最初のゴールが生まれた。

イスラム・スリマニからのラストパスを受けたケレチ・イヘアナチョが、相手守護神の股間を抜くシュートを決めて、レスター・シティが幸先よく先制する。

さらに52分、今度は右サイドを突破したリヤド・マフレズからのクロスをまたしてもケレチ・イヘアナチョがゴールへ押し込む。
しかしながら、これはマフレズのクロスがタッチラインを割っていたという判定でゴールは取り消しとなった。

しかし、レスター・シティは76分にリヤド・マフレズからのスルーパスを受けたケレチ・イヘアナチョがまたしてもゴールを決めた。
一度はオフサイド判定となるも、ビデオアシスタントレフェリーの介入により今度はゴールが認められた。

試合はこのまま2-0でレスター・シティが逃げ切りに成功。ナイジェリア代表フォワードの活躍で、ピーターバラとの4回戦へと駒を進めた。
次戦はレスター・シティのエースストライカーであるジェイミー・ヴァーディにとって、古巣対決となる。

尚、岡崎慎司は81分からジェイミー・ヴァーディと共に途中出場したが、両者得点に絡むことはできなかった。

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑