ロシアW杯で存在感放った柴崎 来季はビッグクラブでプレー?

ドルトムント、ミラン等が熱視線

柴崎岳

日本代表の中心選手としてロシアワールドカップ全4試合に出場し、正確無比なパス等で圧倒的な存在感を放った柴崎岳(ヘタフェ)。

今回の活躍を受けて、ヨーロッパのビッグクラブがこのサムライに熱視線を送っているようだ。
ヨーロッパで、日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントからの関心、イタリアメディア「カルチョメルカート・コム」でACミランが獲得に乗り出すといった報道がなされている。

西野ジャパンでセントラルミッドフィルダーとしてレギュラーを確保すると、ロシアワールドカップでは得点の起点となるパス、アシスト等でチームのベスト16進出に大きく貢献した柴崎

柴崎-ベルギー戦

とりわけ現地時間2日に行なわれた決勝トーナメント一回戦ベルギー戦で見せた原口元気(デュッセルドルフ)へのロングスルーパスは圧巻だった。

試合後イタリアメディアから、「常にロジカルな選択をとり、また常に正しいタイミングでプレーしている」と評価された。

2年前に行われたクラブワールドカップの決勝戦では、レアル・マドリード相手に2ゴールを挙げると、その活躍をきっかけにラ・リーガサンタンデールへのチャレンジに成功。
さらには、リーグ戦でバルセロナ相手に圧巻のボレーシュートを決めるなど、既に海外各国のメディアから注目株として挙げられていた。

「ガクシバサキはW杯の宝石」

そして今回のロシアワールドカップの活躍により、ラ・リーガサンタンデールの強豪クラブ、さらにはブンデスリーガ名門のボルシア・ドルトムント、加えてセリエAのビッグクラブACミランが関心を寄せられるようになった柴崎。

イタリアのミラン専門メディア「ピアネッタ・ミラン」ではワールドカップ前から柴崎のことを注視していたとも報じられている。

また同メディアから、「ガクシバサキ、ワールドカップのダイヤモンド」とたたえられ「日本代表のガクシバサキはワールドカップで世界を驚かせた。ACミランは数年前から既にシバサキを追いかけてきた」とレポートされている。

果たしてヘタフェの10番は、ロシアワールドカップの活躍をきっかけにビッグクラブへステップアップすることになるのだろうか。今夏の移籍マーケットに注目だ。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑