ロシアW杯のヒーローゴロビンがモナコ加入決定!

ロシアの新鋭ゴロビンがモナコ移籍

アレクサンドル・ゴロビンフランス・リーグアンの強豪ASモナコが、ロシアワールドカップのスターCSKAモスクワ所属のロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビンの獲得を公式Twitterアカウントで正式発表した。

まだ22歳と若いアレクサンドル・ゴロビンは、地元CSKAモスクワで公式戦通算100試合以上に出場し13得点を挙げてきた。
今夏のマーケットでは、一時イングランド・プレミアリーグのチェルシーや、イタリア・セリエA王者のユベントス等が獲得目前に迫る等、多くのビッグクラブの注目銘柄となっていた。

そんなゴロビンは、自国で開催されたワールドカップでロシア代表として奮闘し、開幕節のサウジアラビア戦では1ゴール2アシストをマークする等華々しい活躍を見せた。

決勝トーナメント一回戦のスペイン戦では、15,957キロメートルという記録的な走行距離をマークする等、ゴールシーン以外でも随所に持ち味を発揮し、チームのベスト8進出に大きく貢献。

そんなアレクサンドル・ゴロビンは、モナコとと2023年6月までの5年契約を結んだ模様で、モナコのオフィシャルホームページがゴロビンの加入決定後のコメントを掲載している。

「ASモナコと契約を結ぶことができてとっても嬉しいよ。これは僕にとってとてつもなく大きな野望であり、チャレンジなんだ。僕は今、クラブのスタッフや新しいチームメイトたちの顔を見ることをとても待ち望んでいるよ。これから前進していきたいね。」

ムバッペ、ハメス等もモナコからブレイク

思えば、現フランス代表10番のキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)や、コロンビア代表10番のハメス・ロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン)といった逸材たちもこのモナコからスターダムへとのし上がった。

ロシアワールドカップのヒーローは、彼らと同じ道をたどることができるだろうか…。
出場機会を得ることが困難になるであろうチェルシーやユベントスへ加入するより、今回のリーグアン挑戦は非常に堅実で正しい判断だったのではないだろうか。今後の活躍に目が離せない。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑