ロナウド、メッシが唯一獲得していないタイトルとは…

ロナウドが唯一手に入れることができていないタイトル

2017年は、レアル・マドリード所属でポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドがバロンドールとFIFA最優秀選手賞をダブル受賞した。

2016年も両方の賞を獲得しているロナウドは、2年連続でのダブル受賞でもある。毎週彼のゴールシーンが流れるのは今となってはごく当たり前のことだが、やはりこれはとてつもない偉業である。

しかしながら、そんなポルトガルの英雄でさえ未だ手が届いていないメジャータイトルがたった一つだけ存在する。それは、ワールドカップだ。

クリスティアーノ・ロナウドは、これまでバロンドールとFIFA最優秀選手賞を5回ずつ受賞。UEFAチャンピオンズリーグでもマンチェスター・ユナイテッド在籍時、レアル・マドリード移籍後合わせて4度制覇している。

さらに2016年にはヨーロッパ選手権でも優勝したため、残すビッグタイトルはワールドカップを残すのみとなっているのだ。

ロナウドの最大のライバルであるバルセロナ所属でアルゼンチン代表のリオネル・メッシも、やはりバロンドールとFIFA最優秀選手賞、チャンピオンズリーグ、を制覇した経験を持っているが、ワールドカップには手が届いていない。

NEW!
2018年バロンドール予想とオッズ

過去に偉業を成し遂げた8人のレジェンド

実は、これまでにFIFA最優秀選手賞とバロンドール、チャンピオンズリーグ、ワールドカップの4大タイトルを獲得した選手は8名存在する。

ボビー・チャールトン、パオロ・ロッシ、ゲルト・ミュラー、フランツ・ベッケンバウアー、ジネディーヌ・ジダン、リヴァウド、ロナウジーニョ、カカといった面々だ。

ジネディーヌ・ジダン、ゲルト・ミュラー、フランツ・ベッケンバウアーに至っては、ヨーロッパ選手権も制覇している。
またロナウジーニョとリバウドは、南米選手権を制覇している。ただ、オリンピックを含めた5大タイトルを総なめした選手は今のところ存在していない。

ジネディーヌ・ジダンに至っては、これらに加えて指揮官としてもチャンピオンズリーグを制覇しているため、この中でも頭一つ抜きんでた結果を残していることになる。

さて、来年開催のロシアワールドカップで、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシのどちらかがこのレジェンドたちと肩を並べることができるだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑