ロナウド、モドリッチ等温存のレアル ベイル弾で快勝

・ベイル、アセンシオ等先発のレアル
ガレス・ベイル現地時間4日、スペイン国王杯(コパ・デル・レイ)5回戦ファーストレグが行われ、レアル・マドリードは敵地エスタディオ・ロス・パハリトスでリーガ・エスパニョーラ2部のCDヌマンシアと激突した。

2008-2009シーズンぶりの顔合わせとなった両者。
過密日程が続くレアル・マドリードは、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド、元フランス代表カリム・ベンゼマ、クロアチア代表ルカ・モドリッチといった主力を温存させた。

代わりに、ウェールズ代表ギャレス・ベイル、スペイン代表マルコ・アセンシオ、スペイン代表ルーカス・バスケス、ボルハ・マジョラルといった選手が先発。

対するホームのヌマンシアはイギニオ・マリン・エスカビー、ペレ・ミラ・ペナ、グレゴリオ・シエラ・ペレスら主力組が先発出場。

試合は35分に最初の動きを見せる。
ドリブルで仕掛けたルーカス・バスケスが、ペナルティエリア内でファールを受けて、レアル・マドリードがペナルティキックのチャンスを獲得する。

これをキッカーのギャレス・ベイルが冷静に沈めて、レアル・マドリードが幸先よく先制に成功。

さらに59分には、ヌマンシアのパパ・ディアマンカがこの日二度目となる警告を受けて退場処分となり、レアル・マドリードが数的有利な状況に。

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

すると、試合終了間際にはまたしてもドリブルで仕掛けたルーカス・バスケスがペナルティエリア内でファールを受け、レアル・マドリードにこの日2度目のペナルティキックが与えられる。

今度はこれを途中出場のスペイン代表イスコが冷静に決めて2-0。
さらに後半アディショナルタイムには、ボルハ・マジョラルがヘディングシュートを叩きこんでダメ押しとなる3点目をマーク。

結果、ペナルティキック2本に数的有利というややラッキーな展開ながら、きっちり3-0でファーストレグをものにしたレアル・マドリード。
今回の快勝により、セカンドレグでも大幅な主力温存が可能となった。

ヌマンシアとしては、おそらく次回もクリスティアーノ・ロナウド、ルカ・モドリッチ、セルヒオ・ラモスといった主力を温存してくるレアル相手に、意地を見せたいところだ。

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑