ロナウド弾でユベントスが無敗キープ!【トリノダービー結果】

1つのミスが試合の行方を左右…

クリスティアーノ・ロナウド現地時間15日、イタリア・セリエA第16節が行われ、王者ユベントスはスタディオ・オリンピコ・グランデ・トリノでトリノと激突した。

注目の「トリノ・ダービー」

前節ACミラン相手に敵地でスコアレスドローを演じたトリノは、このホームでの大一番にアンドレア・ベロッティ、シモーネ・ザザ、トマス・リンコン、クリスティアン・アンサルディ、守護神サルヴァトーレ・シリグ等ベストメンバーが先発で登場した。

対して今季ここまで未だ無敗のユベントスも、エースのクリスティアーノ・ロナウドをはじめ、パウロ・ディバラ、マリオ・マンジュキッチ、ミラレム・ピャニッチ、ジョルジョ・キエッリーニ等豪華メンバーが名を連ねた。

トリノダービー試合プレビュー

試合序盤から主導権を握ったのはやはりユベントスだった。
しかし、トリノは激しいプレッシングで全員がハードワークし、ユベントスの猛攻を何とか絶え凌ぐ。

前半は両者決定機らしい決定機は作れずスコアレスのまま折り返し。

後半に入っても大きく試合の流れは変わらず。しかし、一つのミスが発端となり、試合は大きく動き出す。

68分、自陣でボールを奪取したトリノだったが、ザザがゴールキーパーへバックパスすると、これをマリオ・マンジュキッチがすかさずカット。

トリノはこれをファールでストップしてしまい、ユベントスにペナルティキックのチャンスが与えられた。

これをクリスティアーノ・ロナウドが確実にものにして、ユベントスが1-0先制。

その後マンジュキッチがセットプレーからゴールネットを揺らすシーンがあったが、これはオフサイド判定で取り消しとなった。

試合はこのままタイムアップとなり、結果ユベントスは1-0でトリノとのダービーマッチを制した。無敗をキープし、首位独走状態。

ユベントスの次節のゲームをチェック!

そんなユベントス、そしてクリスティアーノ・ロナウドの次のゲームをチェックしておこう。

次節は、難敵ASローマと激突!
ベッティングトップ10では、毎週世界各国の注目ゲームをピックアップしてオッズ記事を更新します!

セリエA

今すぐ登録

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑