久保が孤軍奮闘もエクアドルに勝てず敗退【コパ・アメリカ】

久保は決定機パス7本を記録したが…

現地時間24日、コパ・アメリカグループステージ最終節が行われ、日本代表はエクアドル代表と決勝トーナメント進出をかけて争った。

どちらにとっても、勝利すればブラジルとの決勝トーナメント一回戦に勝ち進めるという状況での最終戦。

日本代表は、久保建英(レアル・マドリード)をはじめ、中島翔哉(アル・ドゥハイル)、岡崎慎司(レスター・シティ)、柴崎岳(ヘタフェ)、冨安健洋(シントトロイデン)、川島永嗣(ストラスブール)等、現状のベストメンバーがスタメンに登場。

対するエクアドルは、アントニオ・バレンシア(マンチェスター・ユナイテッド)をベンチスタートとし、エネル バレンシア(ティグレス)、ジェクソン メンデス(オーランド シティ)、クリスティアン ラミレス(FCクラスノダール)、アレクサンデル ドミンゲス(ベレス サルスフィエルド)等が先発。

試合前プレビュー

最初に主導権を握ったのは若き日本代表だった。
14分、中島翔哉がディフェンスの裏を通したパスに岡崎慎司が反応。

相手守護神アレクサンデル・ドミンゲスにカットされたが、そのこぼれ球を中島が巧みなシュートコントロールで枠を射止めてネットを揺らした。

一時、ビデオアシスタントレフェリーの介入によってゴールが取り消されかけたが、判定はゴールとなり日本代表が先制。

しかし、34分にエクアドルが同点に追いつく。
こぼれ球を10番のアンヘル・メナに押し込まれて1-1となった。

その後、久保建英を筆頭にエクアドルゴールに襲い掛かる日本だったが、途中から入った前田、上田等がことごとく決定機を逸してしまい、同点ゴールを決めることはできず。

後半アディショナルタイムには、久保自らがゴールネットを揺らしたが、判定はオフサイド。

結局このままタイムアップとなり、日本対エクアドルは1-1の痛み分けに負った。これにより、日本は3試合を終えて勝ち点2となりグループステージ敗退が決定。

コパ・アメリカ決勝トーナメントのオッズは?

そんなコパ・アメリカの決勝トーナメントの最新オッズは以下の通り!

惜しくも日本は姿を消したが、「ブラジル対パラグアイ」「ベネズエラ対アルゼンチン」、「コロンビア対チリ」等注目カード目白押しだ。

BT10では、コパ・アメリカの注目ゲームの最新オッズ、予想記事を随時更新します!

オッズ

今すぐ登録

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑