久保が待望の今季初ゴール!ヘントの今季初勝利に貢献

・久保が待望の今季初得点
現地時間17日、ベルギージュビラープロリーグ第7節が行われ、日本代表の久保裕也が所属するヘントは昨季優勝プレーオフで鎬を削り合ったオースデンデとアウゼーで対戦した。

昨シーズンのエースである久保はここまで開幕から6試合ノーゴールとキャリア史上最悪といえる絶不調に陥っていることで、ヘントは未だ3分け3敗と勝ち星がないという厳しい状況だ。3試合ぶりに先発に返り咲いた久保はなんとかゴールで期待に応えてほしいところ。

さて、この試合開始30分に、ようやく待望の瞬間が訪れる。ヘントはロングパスから抜け出したママドゥ・シラがペナルティエリア手前からシュート。このシュートは相手ゴールキーパーに阻まれるが、この跳ね返りのボールに走り込んでいた久保がダイレクトでつめてゴールをマークする。久保にとって待ちに待った今シーズン初ゴールが、ヘントの貴重な先制ゴールとなった。

その後も攻守両面でハードワークした久保は、85分にルイ・ヴェルストラーテと交代。後半アディショナルタイムには、ダニエル・ミリチェビッチからのスルーパスにオフサイドギリギリで抜け出したヴェルストラーテがキーパーと一対一になり、この場面で冷静に右足を振りぬいてトドメとなるゴールを決めた。

結局試合はこのままタイムアップし、アウェーのヘントがオースデンデ相手に2-0で勝利し、待望の今シーズン初勝利を手にしている。

・ここから勢いに乗れるか?
昨シーズンの冬にスイスのヤングボーイズから加入した久保は、デビュー戦でいきなり直接フリーキックを決めて華々しいスタートを切ると、優勝プレーオフまで得点を量産し続けた。ヤングボーイズでの成績も含めると、公式戦で通算23ゴールを決め、ヨーロッパ主要リーグ日本人シーズン最多ゴール記録を樹立した久保。

今季はここまでカップ戦も含めて9試合の公式戦を戦った久保だが、ようやく第一号ゴールを決めることができた。久保本人も、「ひとつ取れれば勢いに乗ると思う」と語っていただけに、ここからの本領発揮に期待したい。

ヘントは次節ホームでズルテ・ワレヘムと対戦する。オースデンデはアウェーでヘンクと相まみえる。果たして次節久保の2試合連続スタメンはなるだろうか。

他の記事を読む

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑