久保のレアル移籍の内情【大きかったカラファットの存在】

スペインメディアも大々的に報道

久保建英先日、FC東京からレアル・マドリードへの加入が正式に決定した日本代表MF久保建英。

かつてはバルセロナのカンテラに在籍していた経緯もあり、スペインの現地メディアもこぞって今回の移籍報道を取り上げている中、スペイン大手メディア「マルカ」は、今回の移籍に「凄腕スカウトマン」の存在を強調している。

今回の、FC東京とレアル・マドリードの交渉で大きく目立ったのが、レアル・マドリード強化部スカウトのフニ・カラファット氏だ。

フニ・カラファットは、これまでマルコ・アセンシオ、マルティン・ウーデゴーア、ヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴといったスター選手をレアル・マドリードに招き入れた男。

レアル・マドリードといえば、今夏ベルギー代表FWエデン・アザールをチェルシーから引き抜いたことで話題となっているが、それに並行して10代から20代前半のスター候補に目を光らせていた。

アザールのレアル加入が正式決定!移籍金はロナウド越え? 

そして今回カラファットの目に留まったのが、コパ・アメリカ参戦中の18才の日本人、久保建英というわけだ。

日本代表は大会連覇中チリ代表に大敗

レアル・マドリードと久保は5年契約を結んだが、「マルカ」はこのようにレポートしている。

「今回の移籍については何カ月もの間、同スカウトとのミーティングの後、レアル・マドリードはついにバルセロナが予約していた選手を手にすることができた。カタルーニャのクラブと決別するという彼の決断は、カラファット氏とクラブがサンチャゴ・ベルナベウに迎え入れるように説得したからだ」

昨季ヴィニシウスが歩んだ道を歩めるか

レアル・マドリードは現在、ラ・リーガ・サンタンデールのトップチームをジネディーヌ・ジダンが、Bチームに当たるカスティージャをラウール・ゴンザレスと、銀河系軍団のレジェンドたちがそれぞれ指揮を執って強化を進めている。

そんな中、当面はラウールの元でプレーすることになる久保建英だが、白い巨人の一員としてプレーする日が来るだろうか。

まずは、2年前の夏にカラファット氏がカスティージャに連れてきたヴィニシウス・ジュニオールのような成功パターンを歩みたいところだ。

そんな久保建英の次のゲームの最新オッズは以下の通り!BT10では、コパ・アメリカの注目ゲームの最新オッズ、予想記事を随時更新します。

今すぐ登録

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑