乾がべティスで初先発!前半は随所に異彩を放ったが…

グアルダード等と共に先発の乾

乾貴士現地時間24日、ラ・リーガ・サンタンデール第二節が行われ、今シーズンからレアル・べティスでプレーする乾貴士がアラベスとの一戦で今シーズン初の先発出場を果たした。

開幕戦は途中出場だった乾。この日は2シャドーの一角としてスタメン入りを果たす。
開幕戦、ホームゲームだったにも関わらず0-3の完敗を喫したレアル・べティス。3-1-4-2だったシステムを3-4-2-1に変更し、左シャドーストライカーとして乾が抜擢された。

試合序盤から主導権を握ったレアル・べティスは、相手のプレッシングをいなしながら小気味良いパスワークで相手陣営を攻め立てた。

先に決定的なチャンスを作ったのはやはりレアル・べティスだった。前半3分、縦へのスペースに上手く抜け出した乾が中央へカットイン。フェイントを交えつつ右サイドでフリーとなったフランシス・ゲレーロへパス。

フランシス・ゲレーロは鋭いクロスを供給したが、これは相手守備陣の懸命なブロック阻まれた。
その後もレアル・べティスが攻勢に出る。

その一分後にはロレンソ・モロンの横パスを受けたアンドレス・グアルダードがシュートを狙う。これは相手守護神のフェルナンド・パチェコによるファインセーブに阻止された。

NEW!9月
ラリーガ優勝予想とオッズ

30分にはギジェルモ・マリパンのスルーパスに乾がダイレクトでシュートするも、この決定的なシーンもわずかに左へそれていった。

両者得点が奪えないまま時間だけが過ぎていき、試合は後半の中盤に差し掛かる。すると、べティス指揮官キケ・セティエンが乾に代えてアントニオ・サナブリアを送り出した。

その後も攻勢だったべティスだが、アラベスは実質5バックで堅守を披露。結局最後までゴールを割ることができなかった。

とりわけ前半のパフォーマンスは高かった乾だが、コンビネーションの面ではまだ完全に馴染み切っていないようだ。これから目に見える結果を出し、チームメイトからの信頼も不動のものにしていきたいところだ。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑