今季無双中のサラー 実は得点数だけでなく決定機逸回数でも1番?

最も多く外しているのもサラー?

サラー リバプールイングランド・プレミアリーグで、今シーズン開幕から今に至るまで無双状態をキープするエジプト代表でリバプールに所属のモハメド・サラー。

第31節を終えた現時点で、既に28ゴールをマークしているこのアフリカンスターは、プレミアリーグ得点ランキングでもセルヒオ・アグエロやハリー・ケインといった並居る強敵を抑えてトップに君臨している。

しかしながら、現地時間20日付のイギリスメディア『デイリー・メール』が、非常に意外なデータを掲載した。その内容は、「プレミアリーグにおいて、最も決定機を外している選手もやはりモハメド・サラーである」というものだ。

『デイリー・メール』によれば、モハメド・サラーは得点数だけでなく決定機逸回数でも首位となっているようで、その数は19回にのぼるそう。

2位はクリスタル・パレスに所属するベルギー代表のクリスティアン・ベンテケで18回、3位は得点ランキング2位のトッテナム・ホットスパー所属でイングランド代表のハリー・ケインによる16回となっている。

このモハメド・サラーの19回という数字が多いのか少ないのかは何とも言えないが、プレミアリーグの選手に限れば今シーズン最も多い回数であるという算出結果になったことは確かのようだ。

とはいえ、それだけ多くの決定機を生み出しているという見方だって可能だ。
得点数+決定機逸回数が最も多い選手が、必然的に最も多くの決定機に関与しているということが言えるため、改めて優れたプレイヤーであるということがわかるデータでもあるのではなかろうか。

尚、『デイリー・メール』算出プレミアリーグ決定機逸回数トップ10選手は以下の通りとなっている。

1位-(リバプール)モハメド・サラー 19回
2位-(クリスタル・パレス)クリスティアン・ベンテケ 18回
3位-(トッテナム)ハリー・ケイン 16回
4位-(チェルシー)アルバロ・モラタ 15回
5位-(マンチェスター・シティ)セルヒオ・アグエロ 13回
6位-(アーセナル)アレクサンドル・ラカゼット 12回
7位-(ワトフォード)リシャルリソン 11回
7位-(マンチェスター・シティ)ガブリエル・ジェズス 11回
7位-(リバプール)サディオ・マネ 11回
10位-(マンチェスター・ユナイテッド)ロメル・ルカク 10回

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑