今季CL7ゴールのサラー&マネ 遂にエトーの得点記録に迫る

サラー&マネ あと1点でエトーの「ある記録」に並ぶ?

マネリバプールの「アフリカンコンビ」が揃って歴史に名を刻もうとしている。
現地時間4日、チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが行われ、リバプールがマンチェスター・シティと対戦し、3-0で勝利を収めた。

この試合で、プレミアリーグ年間最優秀選手最有力のモハメド・サラー(エジプト代表)と、日本代表がロシアワールドカップのグループステージで対戦するセネガル代表のエースであるサディオ・マネのアフリカンコンビが揃ってゴール。

そして、共に今シーズンのチャンピオンズリーグ通算得点を「7」に伸ばした。これにより両者は、「1シーズンにおけるアフリカ人のチャンピオンズリーグ最多得点記録」で2位に浮上。

ちなみに、現地時間5日付のイギリスメディア『サッカー・ラドゥマ』の報道によると、これまでチャンピオンズリーグで1シーズンのアフリカ人最多得点記録を保持しているのは、かつてバルセロナ、インテル等で活躍した元カメルーン代表のサミュエル・エトーなのだそう。
彼は2010/11シーズンインテル在籍時に、チャンピオンズリーグ1シーズン8ゴールをマークしている。

ちなみに、チェルシー等で活躍した元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバは、意外にもチャンピオンズリーグで7ゴール以上決めたことがないらしい。

今となっては、アフリカの二大スターともいえるモハメド・サラーとサディオ・マネ。ここにアーセナル所属でガボン代表のピエール・エメリク・オバメヤンを加えた3人が、アフリカ年間最優秀選手賞を争うことになるだろう。

尚、『サッカー・ラドゥマ』が報じた1シーズンにおける、アフリカ人のCL最多得点記録ランキング上位5名は以下の通り。

1位-(インテル)サミュエル・エトー(2010/11、8ゴール)
2位-(リバプール)モハメド・サラー(2017/18、7ゴール)
2位-(リバプール)サディオ・マネ(2017/18、7ゴール)
2位-(ドルトムント)ピエール=エメリク・オーバメヤン(2016/17、7ゴール)
2位-(パリ・サンジェルマン)ジョージ・ウェア(1994/15、7ゴール)

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑