今節注目のノースロンドンダービー 3位トッテナム×6位アーセナル

・今節最注目のノースロンドンダービー
現地時間18日、プレミアリーグ第12節が開催されるが、3位トッテナム・ホットスパーと6位アーセナルによるダービーマッチが一番の注目カードとなっている。

アーセナルホームで行われるノースロンドンダービー。ここまでトッテナムがアーセナルに勝ち点差4をつけて優位に立っているが、大一番に挑むトッテナム指揮官ぽチェッティーノは、試合前にこのように語っている。

「フットボールの歴史上で最も偉大な監督であり、元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のサー・アレックス・ファーガソンと肩を並べる監督が指揮しているアーセナルと戦う。良いときがあれば悪い時もある。仮に悪いときがあっても絶対にリスペクトしなければいけない。」と決戦を前にアーセナル指揮官アーセン・ベンゲルに最大の敬意を払った。

ちなみに、ポチェッティーノが指揮するトッテナムは、過去6回プレミアリーグでアーセナルと激突しているが、未だ負けなしだ。昨シーズンもチェルシーに次ぐ2位で終え、実に22シーズンぶりにアーセナルよりも上の順位でフィニッシュしている。

一方アーセナルのベンゲル監督は、イギリス紙『イブニング・スタンダード』でこのように語っている。

「強いチームを前にしてナーバスになっているが、それは試合に集中している証拠さ。ただ勝利することだけに集中する。今の段階からトロフィーのことを考えているようではだめだ。」

加えて、「現時点でわたしたちは彼等よりも下の位置にいる。昨シーズンもトッテナムは2位でフィニッシュしている。一方我々は5位に転落した。サポーターはもちろん、我々も大きなショックを抱えたよ。でも、今季はチャンピオンズリーグもないし、プレミアリーグにとことん集中することができる。今週末の試合でもわたしたちは高いクオリティを見せつけることができるだろう。」

インターナショナルマッチウィークに代表チームに帯同していないイングランド代表でエースのハリー・ケインのコンディション、また出場可否がこの試合の行方を大きく左右するが、トッテナムはデンマーク代クリスティアン・エリクセン、アーセナルはフランス代表のアレクサンドル・ラカゼット、ドイツ代表のメスト・エジル等代表戦で活躍した選手が先発起用されることだろう。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑