代表戦2試合フル出場の長友とダルベルト 起用されるのは…?

・長友とダルベルト 今節起用されるのは?
現地時間19日、セリエA第13節が開催されるが、日本代表の長友佑都が所属するインテル・ミラノは本拠地スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァでアタランタと対戦する。

この試合における一つの注目ポイントとなっているのが、左サイドバックの人選だ。ここまでリーグ戦で長らく長友が勝ち取ってきた先発の座だが、今回はダルベルトにチャンスが与えられるのではないかと指摘するメディアもある。

インターナショナルマッチウィークで日本代表に帯同し、ブラジル戦、ベルギー戦と二試合続けてフル出場をした長友は、当然ながら疲労が懸念されている。

『イル・ジョルノ』は、このタイミングで、未だチームに適応できていないブラジル人サイドバックのダルベルトにチャンスが到来するのではと予想している。

かたや大手メディア『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、「指揮官ルチアーノ・スパレッティは、インターナショナルマッチ明けだとしてもいつもどおりのメンバーを起用したいと考えているはず。ナガトモに代えてダルベルトを使うのはリスクがある。」と今回も長友先発を予想。

あくまで好調を維持するメンバーをそのまま代表戦明けでも起用するだろうと予想するコッリエレ・デッロ・スポルトだが、例外としてイタリア代表としてスウェーデンとのワールドカップ予選欧州プレーオフに帯同したダニーロ・ダンブロージオは外れるのではと伝えている。

「ワールドカップ予選で敗退しショックを抱えているダンブロージオに代えて、クロアチア代表のマルセロ・ブロゾビッチがサプライズで先発に抜擢されるのではないか」といった予想をしているのだ。

これが実現すると、前代未聞の処置となるがこの期に及んではそうした異例の対応がとられてもおかしくないかもしれない。

さて、長友にとっては今シーズン絶好調のインテルで左サイドバックの主力として試合に出られていることはこの上なく名誉なことだが、チーム全体としては控えサイドバックであるダルベルトによる底上げも必要不可欠となる。

果たしてこうしたタイミングでスパレッティは長友、ダルベルトのどちらを起用するのだろうか?全体的なチーム成熟度の底上げを図るという観点でいけば、ここでダルベルトを起用しておきたいという考えも持ち合わせいるかもしれない。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑