初優勝狙うイーグルスか 連覇狙うペイトリオッツか…【スーパーボウル総括】

第52回スーパーボウル総括

プレイディ現地時間4日、アメリカナショナル・フットボールリーグ(NFL)の王者を決める第52回「スーパーボウル」が「ミネソタ州ミネアポリスのUSバンク・スタジアム」で開催され、アメリカン・カンファレンス(AFC)王者のペイトリオッツとナショナル・カンファレンス(NFC)王者のイーグルスが激突した。

戦前のオッズでは、ディフェンディングチャンピオンのペイトリオッツが圧倒的に優勢とみられていた中、この日はイーグルスが猛威を振るい、結果41―33(前半22―12)で勝利。3度目のスーパーボウル挑戦で、初めて栄冠を手にした。

前半の内に10点と大差リードで折り返したイーグルスだったが、後半に入ってペイトリオッツのパス攻撃に対する相手守備に手を焼いて、最終クオーターには一時逆転を許した。

このとき、完全にゲームの流れがペイトリオッツ傾くかと思われたが、タイムアップまで3分を切ったところで、プレーオフからイーグルスの躍進の中心にいたQBニック・フォールズがこの日3本目となるTDパス(14ヤード)を決めて、再びイーグルスが勝ち越しに成功。

このQBニック・フォールズから生まれた得点が決勝点となり、イーグルスが初めてスーパーボウルを制覇し、アメリカナショナル・フットボールリーグのトップオブトップに上り詰めた。

ベンチで頭を抱え茫然とするブレイディ

かたや敗れたベイトリオッツは、連覇を逃すとともに6回目の栄冠が目前で手からすり抜けていった。2017年のスーパーボウルでは、ファルコンズ相手に25点差をひっくり返して逆転勝利を収めるという偉業を成し遂げたタレント集団だが、今年はイーグルスの勢いの前に屈服。

8度目のスーパーボウルに挑んだ今季最優秀選手のQBトム・ブレイディは、ファンブルを犯した後にベンチで頭を抱えて放心状態となっていたが、これはこの日の試合を象徴する最大のハイライトともいえるシーンだった。

見ているファンにとっては、昨年に続いてこの上なく興奮する試合展開だったことだろう。52度目となるスーパーボウルは、記憶にも残る熱い熱い試合となった。
尚、この日の最優秀選手には、勝利の立役者QBニック・フォールズが選ばれている。

他の記事を読む

Tags:


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑