初戦大敗の日本代表がウルグアイに善戦!【コパ・アメリカ】

ウルグアイ相手に2度リード

三好現地時間21日、コパ・アメリカグループステージ第二節が行われ、日本代表とウルグアイ代表が激突した。

大敗を喫した初戦と同様に4バックを採用した森保ジャパン。先発には、10番中島翔哉(アルドゥハイル)をはじめ、岡崎慎司(レスター・シティ)、柴崎岳(ヘタフェ)、冨安健洋(シントトロイデン)、守護神川島永嗣(ストラスブール)等が入った。

日本対チリ試合結果

対して勝利すればグループステージ突破がほぼ確定のウルグアイ。

絶対的エースのルイス・スアレス(バルセロナ)をはじめ、エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)、ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス)、ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)等豪華メンバーがスタメンに登場した。

試合前プレビュー

チリ戦同様、上手くゲームに入った日本。23分に待望の今大会初ゴールをマークする。

柴崎の巧みなアウトサイドによるのロングフィードを受け取った三好。そのまま右サイドからペナルティエリアへ侵入し、最後はラクサールを交わしてニアへ豪快にシュートを突き刺した。

本気になったウルグアイは、すぐさま反撃に出る。

28分、エディンソン・カバーニがペナルティエリア内で植田との接触を受けて倒れこむ。すると、これがビデオアシスタントレフェリーの介入によってペナルティキックのジャッジとなった。

これをエースのルイス・スアレスが確実に決めて試合を振り出しにもどす。

後半に入ると、依然素早い攻撃でウルグアイ守備陣を翻弄する日本が再びゴールネットを揺らす。

57分、左サイドから杉岡大暉がクロスを入れると、またしても三好が詰めて勝ち越しに成功した。

しかし、その後ウルグアイはコーナーキックからホセ・ヒメネスがヘディングシュートを叩き込み、再び試合を振り出しにも戻した。

結局試合はこのままタイムアップとなり、ウルグアイ対日本のゲームは2-2のドローに終わった。

次節エクアドル戦のオッズをチェック

最終節に決勝トーナメント進出の可能性を残した日本代表は、第3節でエクアドル代表と相まみえる。

大手ブックメーカーサイト「ウイリアムヒル」の最新オッズは以下の通り!

BT10では、コパ・アメリカの注目ゲームの最新オッズ、予想記事を随時更新します。

今すぐ登録

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑