崖っぷりの南米王者チリが代表メンバー発表 ビダルやサンチェス等

・南米王者チリが代表メンバー発表
28日、チリサッカー協会は来月行われるロシアワールドカップ南米予選2試合に挑むチリ代表国外クラブ在籍メンバー19人を発表した。

現南米王者のチリは、夏に開催されたワールドカップのプレ大会、コンフェデレーションズカップでも準優勝する等国際舞台でメキメキと力を付けてきた強豪国だ。

しかしながら、チリは現在南米予選においてブラジル、ウルグアイ、コロンビア、ペルー、アルゼンチンに次ぐ6位となっており本戦出場圏外に甘んじている。残り2試合で2連勝しなければ、ワールドカップ本戦突破が厳しい状況だ。ワールドカップ出場圏内のボーダーラインである4位、そして少なくとも大陸間プレーオフに出場することができる5位以内には是が非でも浮上したいところだ。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

そんなチリ代表指揮官のフアン・アントニオ・ピッツィは、今回アーセナルからアレクシス・サンチェス、バイエルン・ミュンヘンからアルトゥーロ・ビダル、レバークーゼンからチャルレス・アランギス、ティグレスからエドゥアルド・バルガス等お馴染みのメンバーを招集。面子を見れば絶対にワールドカップ本戦で見たいチームではあるが、果たして南米王者は最後に4位以内に食い込むことができるだろうか。

チリ代表は、10月5日にホーム(サンチアゴ)でエクアドル代表と、10日にアウェー(サンパウロ)でブラジル代表と対戦する。最終節がぶっちぎり首位通過のブラジル戦なだけでに、なんとしてでも8位エクアドル戦では勝ち点3を獲得しておきたいところだ。

<チリ代表国外クラブ在籍メンバー>
GK
クラウディオ・ブラーボ(マンチェスター・シティ/イングランド)

DF
パウロ・ディアス(サン・ロレンソ/アルゼンチン)
エンソ・ロコ(クルス・アスル/メキシコ)
マウリシオ・イスラ(フェネルバフチェ/トルコ)
エウゲニオ・メナ(スポルチ・レシフェ/ブラジル)
ガリー・メデル(ベシクタシュ/トルコ)
ギジェルモ・マリパン(アラベス/スペイン)

MF
セサール・ピナレス(アル・シャールジャ/UAE)
フランシスコ・シルバ(クルス・アスル/メキシコ)
マルティン・ロドリゲス(クルス・アスル/メキシコ)
フェリペ・グティエレス(インテルナシオナル/ブラジル)
エリック・プルガル(ボローニャ/イタリア)
チャルレス・アランギス(レバークーゼン/ドイツ)
アルトゥーロ・ビダル(バイエルン/ドイツ)
パブロ・エルナンデス(セルタ/スペイン)

FW
アレクシス・サンチェス(アーセナル/イングランド)
エドソン・プッチ(パチューカ/メキシコ)
レオナルド・バレンシア(ボタフォゴ/ブラジル)
エドゥアルド・バルガス(ティグレス/メキシコ)

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑