怪我人続出のドルトムント 香川はレアル戦もベンチ予想?

・レアル戦で香川の先発復帰はあるか
現地時間6日、チャンピオンズリーグはグループステージの最後の日程を迎えるが、日本代表香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは、最後に前回大会覇者のレアル・マドリードとアウェーで対戦する。

ドルトムントが属するグループHでは、すでにトッテナム・ホットスパーの首位通過、レアル・マドリードの2位通過が確定しており、3位ドルトムントは既に敗退が決定している。

レアル・マドリードにとっては完全なる消化試合となるこの試合だが、ドルトムントにとってはヨーロッパリーグ決勝トーナメントへの出場資格が与えられる3位を確保するために、勝ち点を奪取したい試合となる。

そうでなくても、大会最後となるこの試合で、王者相手になんらかの爪跡を残して大会を去りたいドルトムント。

レアル・マドリードの方は、順位が確定しているためエースでポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド、クロアチア代表のルカ・モドリッチ等主力が温存されるのではないかという予想が多い中、ドルトムントは主力組がスタメン出場することが濃厚だ。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・負傷者続出も香川はベンチスタート?
もちろん気になるのは、香川の先発復帰。しかし残念なことに、UEFA公式サイト、ドルトムント公式サイトで発表されたどちらの予想スタメンにも「シンジカガワ」の名前が無い。

両メディアはどちらも同じスタメンを予想しており、ボランチにドイツ代表ユリアン・ヴァイグルと元トルコ代表ヌリ・シャヒン、ウィングにウクライナ代表アンドリー・ヤルモレンコとアメリカ代表クリスティアン・プリシッチが入ると予想。

長期離脱中のマルコ・ロイスに加え、マリオ・ゲッツェが負傷離脱。さらにはリーグ戦前節マクシミリアン・フィリップス、ゴンサーロ・カストロが負傷しチームを離脱したにも関わらず、同ポジションの香川がスタメンで出られないとなると状況は非常に厳しいものだ。

公式戦で7試合勝ち星のないドルトムントだが、ディフェンディングチャンピオンとの一戦で日本代表の10番はどこで試合のキックオフを迎えることになるのだろうか。ドルトムント公式の香川の先発予想は外れることが多いが、今回もそうであることを願おう…。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑