控えめ発言から一転!イブラヒモビッチ「俺のいないW杯はW杯じゃない」

イブラヒモビッチが自らのW杯出場を明言

イブラヒモビッチ今冬の移籍マーケットで、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドからアメリカジャーリーグサッカーのロサンゼルス・ギャラクシーに移籍した元スウェーデン代表のズラタン・イブラヒモビッチ。

なんと、イブラヒモビッチはアメリカの人気番組に登場するや否や、「オレのいないワールドカップなんて、ワールドカップじゃない」と発言。持ち前のイブラ節が、世界中で話題となっている。

アメリカに拠点を置いて以降、デビュー戦でいきなりスーパーゴールを決めるなど既に地元ファンのハートをがっちりつかんで離さないイブラヒモビッチ。

そんなスウェーデンの皇帝が、アメリカ人気テレビ番組「ジミー・キンメル・ライブ」にゲストとして出演し、スウェーデン代表としてロシアワールドカップに参加する意思を表明しているのだ。

イブラヒモビッチは、「オレはワールドカップへ行く。それは間違いないだろう。これ以上のことを発現すると、自分のことをつるし上げる人間が出てくるから、発言には気を付けないといけないけどね」と淡々と語った。

加えて、「つまりオレが言いたいのは、俺様が存在しないワールドカップ等、もはやワールドカップとは言えないということさ」とイブラ節を炸裂。

スウェーデン韓国スウェーデンvs韓国
6月18日・21:00

アンデルソンとは折り合いがついたのか?

二年前のヨーロッパ選手権の後代表引退したイブラヒモビッチだが、彼抜きでワールドカップヨーロッパ予選を2位通過し、最終プレーオフではワールドカップ優勝経験国のイタリア代表を退けて本大会の切符を手にしたスウェーデン代表。

つい先日、指揮官のヤン・アンデルソンは、「こちらからイブラヒモビッチに電話を掛けることはない」と発言していたが、実際のところ、この発言以降に両者間でなんらかの進展があったものとみられる。

今回のイブラヒモビッチの自信たっぷりの発言を見る限り、既にアンデルソンと折り合いが付き、ロシアワールドカップのスウェーデン代表メンバーに入ることが確約されているのではという憶測も飛び交っているが、果たして本当に6月にロシアのピッチでイブラヒモビッチを見ることができるのだろうか…。
今後の進展に目が離せない。

NEW!
やはりスウェーデン代表復帰は無し?指揮官がイブラ復帰を完全否定か
他の記事を読む

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑