新加入のオバメヤン、ムヒタリアンが早速結果残す

・オバメヤン、ムヒタリアンが早速先発出場
現地時間3日、イングランドプレミアリーグ第26節が行われ、今冬積極的な補強を慣行したアーセナルがエバートンと激突した。

本拠地エミレーツ・スタジアムでの一戦にアーセナル指揮官アーセン・ベンゲルは、今冬ボルシア・ドルトムントから獲得したガボン代表ピエール・エメリク・オバメヤン、マンチェスター・ユナイテッドからアレクシス・サンチェスとのトレードで獲得したアルメニア代表ヘンリク・ムヒタリアンの新加入2人組を同時先発起用。

その他、ナイジェリア代表アレックス・イウォビ、ドイツ代表メスト・エジル等が先発に名を連ねた。

対するエバートンは、今冬アーセナルから獲得した元イングランド代表テオ・ウォルコット、オウマル・ニアッセ、ヤニック・ボラシエ等が先発出場。

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

試合は開始早々の5分に最初の動きを見せる。ヘンリク・ムヒタリアンのグラウンダー性のクロスに、ウェールズ代表アーロン・ラムジーがダイレクトで合わせて、ホームのアーセナルが幸先よく先制に成功した。

さらにその10分後には、セットプレーからロラン・コシエルニーが追加点をマークしあっという間に2-0としたアーセナル。
勢いは続き、18分にはアーロン・ラムジーがこの日2点目のゴールをマークすると、36分にはヘンリク・ムヒタリアンのパスからピエール・エメリク・オバメヤンがループシュートを決めて一挙4点リードを奪った。

ドルトムント時代のかつての僚友でもある新加入組が躍動する中、後半にはアーロン・ラムジーがまたしてもムヒタリアンからのクロスを詰めて、ハットトリックをマーク。これでムヒタリアンは3アシスト達成。

エバートンは、先発のテオ・ウォルコットが不発に終わり、後半途中に長年プレーしてきたエミレーツ・スタジアムのサポーターからの拍手の中ピッチを退いた。

そのウォルコットとの交代でピッチに入ったドミニク・キャルバート・ルーウィンが一矢報いたが、結果アーセナルが5-1でエバートンを破り、勝点を46に伸ばした。
加入後早速チームに溶け込み機能したオバメヤン、ムヒタリアン。後半戦の活躍に目が離せない。

他の記事を読む

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑