日本と豪州が全勝キープ!イランはまさかの連敗【アジア2次予選結果】

イランと韓国が大苦戦のアジア2次予選

南野拓実現地時間14日、アジア各地でカタール・ワールドカップ・アジア2次予選の第5節が行われた。

我らが日本代表は、敵地で難敵キルギス相手に苦戦を強いられるも、南野拓実(ザルツブルク)、原口元気(ハノーファー)の得点で2−0勝利を収めた。

キルギス対日本試合前プレビュー

前回、格下のバーレーン相手にまさかの黒星を喫したイランは、敵地でイラクと対戦。

サルダル・アズムン(ゼニト)等主力選手が揃ってスタメン出場するも、後半アディショナルタイムにセットプレーから被弾し、予想外の二連敗となった。

これによりイランは、イラク、バーレーンに次いで3位に後退している。

その他、前回北朝鮮とのライバル対決をスコアレスドローで終えた韓国は、レバノンとのアウェー戦に挑んだ。

トッテナム・ホットスパーの主力であるソン・フンミン、ザルツブルクのファン・ヒチャン等フルメンバーが出場したが、今回もスコアレスドローに終わった。

さて、アジア2次予選は早くも折り返し地点に入ったが、日本とオーストラリアの二カ国が全勝をキープしている。

アジア2次予選・第5節試合結果

そんなアジア2次予選・第5節の全試合結果は以下の通り!

  • グループA
    モルディブ(3)1-2フィリピン(7)
    シリア(12)2-1中国(7)
    ※試合なし=グアム(0)
  • グループB
    クウェート(7)9-0台湾(0)
    ヨルダン(7)0-1オーストラリア(12)
    ※試合なし=ネパール(3)
  • グループC
    香港(2)0-0バーレーン(8)
    イラク(10)2-1イラン(6)
    ※試合なし=カンボジア(1)
  • グループD
    ウズベキスタン(6)2-3サウジアラビア(8)
    イエメン(5)1-0パレスチナ(4)
    ※試合なし=シンガポール(4)
  • グループE
    アフガニスタン(4)1-1インド(3)
    オマーン(9)4-1バングラディッシュ(1)
    ※試合なし=カタール(10)
  • グループF
    ミャンマー(3)4-3タジキスタン(6)
    キルギス(6)0-2日本(12)
    ※試合なし=モンゴル(3)
  • グループG
    マレーシア(6)2-1タイ(7)
    ベトナム(10)1-0UAE(6)
    ※試合なし=インドネシア(0)
  • グループH
    トルクメニスタン(6)3-1北朝鮮(7)
    レバノン(7)0-0韓国(8)
    ※試合なし=スリランカ(0)

ベッティングトップ10では、世界各国のワールドカップ予選の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑