日本のW杯対戦相手ポーランド代表がメンバー発表 欧州屈指のタレントがズラリ

レバンドフスキ等タレントが顔を揃える

レバンドフスキ現地時間16日、ポーランドサッカー協会は今月行われるインターナショナルマッチウィークにおける2試合に向けたポーランド代表メンバーを発表した。

ワールドカップ本大会のグループステージ最終節で、日本代表が対戦する相手ポーランド。ヨーロッパ予選を首位通過し、近年メキメキと力をつけてきたヨーロッパ屈指の強豪だ。

そんなポーランド代表メンバーのリストには、バイエルン・ミュンヘンのエースストライカーであるロベルト・レバンドフスキを筆頭に、ナポリのFWアルカディウシュ・ミリク、ユベントスでジャンルイジ・ブッフォンの代役を務めるボイチェフ・シュチェスニ、ナポリのMFピオトル・ジエリンスキ等タレントの名前がズラリ。

他にも、昨シーズンのチャンピオンズリーグで4強まで勝ち上がったASモナコのDFカミル・グリクや、ボルシア・ドルトムントで香川真司の同僚でもあるルーカス・ピシュチェク、スウォンジー・シティの正ゴールキーパー ルカシュ・ファビアンスキといった名の知れた選手たちも健在だ。

ポーランド代表は、今月23日にナイジェリアと、27日に韓国とそれぞれ対戦する予定となっている。これは、ワールドカップ本大会のグループステージで対戦するセネガル、日本を仮想したマッチメイクとみてよさそうだ。

ポーランド対韓国の一戦は、本戦で戦う日本にとっても非常に注目度の高い試合だ。

ポーランド対韓国
ポーランド対韓国
3月28日 – 3:45

そんなポーランド代表メンバーは以下の通りとなっている。
▽GK
ルカシュ・ファビアンスキ(スウォンジー)
ウカシュ・スコルプスキ(ローマ)
バルトシュ・ビャウコフスキ(イプスウィッチ)
ボイチェフ・シュチェスニ(ユベントス)

▽DF
チアゴ・チョネク(SPAL)
カミル・グリク(モナコ)
パベウ・ヤロシンスキ(キエーボ)
バルトシュ・ベレシンスキ(サンプドリア)
アルトゥール・イェンドジェイチク(レギア・ワルシャワ)
マルチン・カミンスキ(シュツットガルト)
トマシュ・ケンジオラ(ディナモ・キエフ)
ミハウ・パズダン(レギア・ワルシャワ)
ルーカス・ピシュチェク(ドルトムント)

▽MF
ヤチェク・グラルスキ(ルドゴレツ)
カミル・グロシツキ(ハル・シティ)
ダミアン・カジョル(グルニク・ザブジェ)
グジェゴシュ・クリホビアク(WBA)
プルゼミスワフ・フランコフスキ(ヤギエロニア・ビャウィストク)
ラファウ・クルザワ(グルニク・ザブジェ)
カロル・リネティ(サンプドリア)
クシストフ・マチニスキ(レギア・ワルシャワ)
スワボミル・ペシュコ(レヒア・グダニスク)
タラス・ロマンチュク(ヤギエロニア・ビャウィストク)
マチェイ・リブス(ロコモティフ・モスクワ)
ピオトル・ジエリンスキ(ナポリ)

▽FW
ロベルト・レワンドフスキ(バイエルン)
アルカディウシュ・ミリク(ナポリ)
ダビド・コブナツキ(サンプドリア)
ヤクブ・シビエルチョク(ルドゴレツ)
ウカシュ・テオドルチュク(アンデルレヒト)

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑