日本を含む強豪国がW杯アジア予選始動!全試合結果一覧

白星発進&久保が最年少記録更新の日本代表

久保建英昨日、2022年ワールドカップ・アジア2次予選の第2節が各地で開催され、日本代表を含むアジアの強豪国たちが始動した。

パラグアイとの壮行試合では2−0で勝利を収めた日本代表。

ミャンマーとの予選初戦は、フィジカルで相手を圧倒して2−0完勝を収めた。また、この試合で久保建英がワールドカップアジア予選の日本代表最年少出場記録を更新。

また、ソン・フンミンが先発した韓国もトルクメニスタン相手に敵地で2−0完勝。FIFAランキングアジア最上位のイランも、サルダル・アズムン等の得点で香港を2−0で下して白星発進となった。

一方で、有力国のサウジアラビア、ウズベキスタン、アジア王者カタールは初戦で勝点3を取りこぼしている。

また、ロシア・ワールドカップで日本代表をベスト16に導いた西野朗監督率いるタイ代表はベトナムを退けて予選初勝利を飾った。

本田圭佑が監督を務めるカンボジア代表は、格上バーレーン相手に善戦するも0−1で敗戦。

W杯アジア二次予選試合結果一覧

10日に行なわれたアジア2次予選の試合結果は以下の通り!※カッコ内数字は勝点

【グループA】
グアム(0) 1-4 フィリピン(3)
モルディブ(3) 0-5 中国(3)

【グループB】
台湾(0) 0-2 ネパール(3)
クウェート(3) 0-3 オーストラリア(3)

【グループC】
カンボジア(1) 0-1 バーレーン(4)
香港(1) 0-2 イラン(3)

【グループD】
シンガポール(4) 2-1 パレスチナ(3)
イエメン(2) 2-2 サウジアラビア(1)

【グループE】
アフガニスタン(3) 1-0 バングラデシュ(0)
カタール(4) 0-0 インド(1)

【グループF】
モンゴル(3) 0-1 タジキスタン(6)
ミャンマー(0) 0-2 日本(3)

【グループG】
インドネシア(0) 0-3 タイ(4)
マレーシア(3) 1-2 UAE(3)

【グループH】
スリランカ(0) 0-1 北朝鮮(6)
トルクメニスタン(3) 0-2 韓国(3)

日本代表は、次戦10月10日にホームでモンゴルと激突する!

ベッティングトップ10では、ワールドカップ予選の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑