日本代表がアジア最上位奪還に迫る【最新FIFAランキング】

日本代表が28位へ浮上!

日本代表現地時間24日、国際サッカー連盟は最新のFIFA世界ランキングを発表した。

今月のインターナショナルマッチウィークではワールドカップ・アジア2次予選のモンゴル戦で6対0、タジキスタン戦で3対0と連勝を飾った森保ジャパン。

最新の世界ランキングでは、3つ順位を上げて28位にランクイン。

アジア最上位のイランは、格下バーレーンに敗れたことでランクを大きく下げて27位まで後退。

これにより、来月には日本代表がアジア最上位の座に返り咲く可能性が出てきた。

ちなみに、同じくアジア予選で北朝鮮とスコアレスドローを演じた韓国も、前回37位から39位と2つ順位を下げた。

上位陣に目を向けてみると、ウルグアイがポルトガルを抜いて5位に浮上し、ポルトガルは6位へ後退。

首位は相変わらずベルギーとなっており、29ポイント差でロシアワールドカップチャンピオンのフランスが2位となっている。

バロンドール候補者30名が決定!【最新オッズをチェック】

最新のFIFAランキング一覧

さて、そんな 最新FIFAランキングの上位30傑とAFCのトップ5は以下の通り!

1 ベルギー
2 フランス
3 ブラジル
4 イングランド
5 ウルグアイ
6 ポルトガル
7 クロアチア
8 スペイン
9 アルゼンチン
10 コロンビア
11 メキシコ
12 オランダ
13 スイス
14 デンマーク
15 イタリア
16 ドイツ
17 チリ
18 スウェーデン
19 ペルー
20 セネガル
21 ポーランド
22 ウクライナ
23 アメリカ
24 ウェールズ
25 オーストリア
26 ベネズエラ
27 イラン
28 日本
29 チュニジア
29 ルーマニア

AFC TOP5
27 イラン
28 日本
39 韓国
44 オーストラリア
57 カタール

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑