日本代表は大会連覇中チリ代表に大敗【コパ・アメリカ】

本気のチリ強し…サンチェス等ゴール

チリ代表現地時間17日、コパ・アメリカグループC組第1節、日本代表対チリ代表の試合がエスタジオ ド モルンビーで行われた。

ディフェンディングチャンピオンのチリは、感染症の報道もあったアレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)をはじめ、アルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)、ガリー・メデル(ベジュクタシュ)、チャルレス アランギス(レバークーゼン)等フルメンバーがスタメンに登場。

対して平均年齢22歳と大会最年少の日本代表は、レアル・マドリードへの加入報道がなされた久保建英をはじめ、10番中島翔哉(アルドゥハイル)、上田綺世(法政大学)、冨安健洋(シントトロイデン)、柴崎岳(ヘタフェ)等が先発に抜擢された。

試合前プレビュー

立ち上がりこそ良い入りを見せた日本だったが、41分にチリに先取点を奪われてしまう。コーナーキックからエリック・プルガルに打点の高いヘディングシュートを叩き込まれ0-1。

これで勢いに乗ったチリ。後半立ち上がりにはマウリシオ・イスラのラストパスをエドゥアルド・バルガスが合わせてあっという間に2-0とする。

64分には久保建英が相手ディフェンスを2枚剥がして決定機を迎えるが、強烈なシュートは惜しくもサイドネット…。

すると81分にチャルレス・アランギスのクロスにアレクシス・サンチェスにヘディングシュートを叩き込まれて万事休す。

さらにその1分後にはエドゥアルド・バルガスのループシュートが炸裂し、まさかの4点差となってしまった。

結局試合はこのままタイムアップとなり、若き日本代表は王者チリ相手に0-4の完敗。グループステージ突破に向けて、早くも赤信号がともった。

次節ウルグアイ戦のオッズをチェック

そんな日本代表は、グループステージ第二節でルイス・スアレス(バルセロナ)、エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)擁する強豪ウルグアイと激突する。

大手ブックメーカーサイト「ウイリアムヒル」の最新オッズは以下の通り!

BT10では、コパ・アメリカの注目ゲームの最新オッズ、予想記事を随時更新します。

オッズ

今すぐ登録

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑