最新FIFAランキング発表!アジアカップ準優勝の日本は急浮上?

23ランクアップの日本代表

日本代表現地時間7日、国際サッカー連盟は最新のFIFAランキングを発表した。

2月1日まで、アラブ首長国連邦で開催されていたアジアカップ2019の結果が反映された今回のランキング。

対戦成績6勝1敗で準優勝となった日本代表は、前回の50位から23ランクアップの27位にジャンプアップした。

アジアカップ決勝戦試合結果

日本代表が30位以内にランクインしたのは、アルベルト・ザッケローニ体制時の2013年5月以来のことで、実に6年ぶりのこととなる。

アジアタイトルこそ成長著しいカタールに明け渡してしまった日本代表だが、ワールドカップのポット分けでも大きく影響するFIFAランキングを大幅に上げれたことは大きいのではないだろうか。

6月にブラジルで開催されるコパ・アメリカにも参戦予定の日本代表だが、ここでの結果次第ではトップ20に食い込む可能性も…?

ちなみに、アジア最上位は依然としてイランがキープしており、前回の29位から22位にランクアップ。

アジアカップを初制覇したカタールは、前回の93位から38ランクアップの55位へ浮上。アジアカップ参加国でダントツでランキングを引き上げた格好だ。

その他アジアカップで準々決勝敗退に終わった韓国、オーストラリアはそれぞれ38位、42位となっている。

また、首位はこれまでと変わらずベルギー、2位はロシアワールドカップ覇者のフランスと続いている。今回は、上位10チームの順位変動はなかった。

FIFAランキングをチェック!

そんな最新のFIFAランキングトップ20と、アジアの上位チームの順位は以下の通り!

1.ベルギー
2.フランス
3.ブラジル
4.クロアチア
5.イングランド
6.ポルトガル
7.ウルグアイ
8.スイス
9.スペイン
10.デンマーク
11.アルゼンチン
12.コロンビア
13.チリ
14.スウェーデン
14.オランダ
16.ドイツ
17.メキシコ
18.イタリア
19.ウェールズ
20.ポーランド
20.ペルー

▼アジア上位5ヶ国
22.イラン
27.日本
38.韓国
42.オーストラリア
55.カタール

ベッティングトップ10では、今月も世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑