最新FIFAランキング発表!日本がアジア最上位返り咲き

日本代表が「アジア最上位」奪還

日本代表現地時間28日、国際サッカー連盟は最新のFIFAランキングを発表した。

今月のインターナショナルマッチウィーク、カタールワールドカップ・アジア2次予選のキルギス戦で2-0と勝利したが、続く19日のキリンチャレンジカップ、ベネズエラ戦では1-4の敗戦を喫した森保ジャパン。

ランキングは28位から変わらなかったが、イラクに敗れたイランが前回から6ランク下がり33位となったため、アジア最上位に返り咲いた。

その他アジア勢で、41位に韓国、42位にオーストラリアと続いている。

韓国代表がE-1選手権に挑むメンバー発表! 

上位勢に目を向けてみると、首位はあいかわらず「レッドデビルス」ことベルギー代表で、ロシアワールドカップチャンピオンのフランスが追いかける格好だ。

また、前回7位のクロアチアと同6位のポルトガルの順位が入れ替わった。

世界ランキングトップ30とアジア勢の順位

そんなFIFA世界ランキングトップ30とアジア勢の順位一覧は以下の通り!

1.(1)ベルギー
2.(2)フランス
3.(3)ブラジル
4.(4)イングランド
5.(5)ウルグアイ
6.(7)クロアチア
7.(6)ポルトガル
8.(8)スペイン
9.(9)アルゼンチン
10.(10)コロンビア
11.(11)メキシコ
12.(13)スイス
13.(15)イタリア
14.(12)オランダ
15.(16)ドイツ
16.(14)デンマーク
17.(17)チリ
17.(18)スウェーデン
19.(21)ポーランド
20.(20)セネガル
21.(19)ペルー
22.(23)アメリカ
22.(24)ウェールズ
24.(22)ウクライナ
25.(26)ベネズエラ
26.(25)オーストリア
27.(29)チュニジア
28.(28)日本
29.(32)トルコ
29.(33)セルビア
……………
33.(27)イラン
41.(39)韓国
42.(44)オーストラリア
55.(57)カタール
96.(94)キルギス
121.(116)タジキスタン
136.(147)ミャンマー
190.(186)モンゴル

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑