最新FIFAランク予想【日本はアジアカップ準優勝で大幅アップ?】

日本は27位にジャンプアップ?

日本代表カタールの初優勝で幕を閉じたアジアカップ2019。

気になるのは、アジアカップ後のFIFAランキングの更新だ。

対戦成績6勝1敗の日本代表は大幅にランクアップすることが予想されているが、そんな中サッカーデータを専門に扱うメディア『Footy Rankings』が、FIFAの算出ルールに基づいて、アジアカップ出場24チームの最新のFIFAランキングを発表した。

アジア最上位は依然としてイランとなっており、34ポイントを加えて前回から6つ順位を上げ22位に入ることが確定的のようだ。

そんなイラン代表を準決勝で退けた日本は、そのイラン戦の勝利が大幅のポイントアップに繋がり、なんと27位に食い込むと予想されている。

その日本以上にランクアップをしたのは、王者カタールだ。

アジアカップ決勝戦結果

カタールは、日本以外にも、イラク、サウジアラビア、韓国といった「格上」を幾度となく粉砕し、無傷の7連勝でアジアタイトルを獲得。

これにより、139ポイントを加算して、前回93位から55位にジャンプアップする模様だ。

一方で、これまでイランに続いてアジア2位をキープしていたオーストラリアは、ヨルダン、アラブ首長国連邦に敗れたことが響いて、順位は前回からダウンし42位となる模様。

最新FIFAランクのアジア上位勢予想

そんな『Footy Rankings』が換算した最新のFIFAランキングのアジア上位10チームは以下の通り!

1位(28位→22位)–イラン–1516ポイント
2位(50位→27位)–日本–1495ポイント
3位(53位→39位)–韓国–1451ポイント
4位(41位→42位)–オーストラリア–1441ポイント
5位(93位→55位)–カタール–1398ポイント
6位(79位→67位)–UAE–1355ポイント
7位(69位→70位)–サウジアラビア–1344ポイント
8位(78位→72位)–中国–1339ポイント
9位(86位→80位)–イラク–1310ポイント
10位(74位→83位)–シリア–1286ポイント

ベッティングトップ10では、今月も世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

日本、カタール出場のコパ・アメリカのグループステージ一覧 

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑