月収4億円!?ネイマールがパリから受ける破壊的な待遇とは…?

・時給54万円の莫大ギャランティー
この上なく順風満帆なフットボールキャリアを積んでいたかのように思われたブラジル代表のエースネイマール。バルセロナでリーガエスパニョーラならずチャンピオンズリーグ、クラブワールドカップをも勝ち取った男だが、今夏そのバルセロナに別れを告げ、新たにパリ・サンジェルマンと契約することとなった。

世界中が驚いたこの移籍騒動の裏には、巨額なマネーが動いたようだ。今夏のマーケットで最も大きなサプライズとなったネイマールのパリ・サンジェルマン行きだが、移籍金史上最高額での移籍となったことは周知の事実だ。
バルセロナへ290億円のマネーを残してフランスでの生活を送っているネイマールだが、「ネイマール自身」の懐に入るマネーも、莫大なものとなっているようだ。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

スペインメディア「AS」は、ドイツメディア『Der Spiege』の情報を参考に、ネイマールのポケットに入る札束の枚数を計算したようだ。すると、ヨーロッパのフットボール史で例を見ないとてつもなく莫大なギャランティーが発生していることが判明した。

同メディアによると、現在25歳のネイマールはパリ・サンジェルマンとの契約で年間約49億6000万円ものサラリーを得ているとし、これを月収で換算した場合なんと約4億1300万円になるのだそうだ。ちなみに時給換算すると54万円となる。

この額だけ見ても十分驚きなのだが、ネイマールがパリ・サンジェルマンから得ているギャラはこの単純なサラリーだけではない。パリ市内に5000平方メートルの広大な土地、さらには家賃180億円相当の豪邸までセットで受け取っているのだそうだ。
当然ながらネイマールが今回の移籍においてそうした金銭面だけを目的として決断したわけではないだろうが、この情報を見てしまうともはやこうした条件も大きく影響したのではないかと思わされてしまう。また、ネイマールにとってクラブからの絶大な信頼度が窺える一つの要素になったことも間違いないだろう。

ウルグアイ代表ルイス・スアレス、アルゼンチン代表リオネル・メッシとの「MSNトリオ」から抜け出し、新たなチャレンジを選択したブラジルの至宝。同じくブラジル代表の同胞であるチアゴ・シウバやダニエウ・アウベス等最高のチームメイト、そして「最高の環境」を手に入れたわけだが、残すはピッチ上でその勝ちに見合う実績を残して主要タイトルを勝ち取るのみだ。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑