武藤が今夏プレミア挑戦か 既に正式オファーを提示しているクラブも?

ニューカッスル等が正式オファー提示か

武藤 マインツマインツに所属する元日本代表FW武藤嘉紀が、来シーズンからプレミアリーグに参戦することになるかもしれない。

現地時間29日付のドイツメディア『キッカー・オンライン』は、マインツ側に具体的なオファー内容が明かされていないものの、既に武藤の代理人のもとには複数のプレミアリーグ所属クラブからのオファーが届いていると報道した。

かつては、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーから正式オファーを受けたといった報道もなされた武藤だが、今回は昨シーズンのチャンピオンシップ王者であるニューカッスル・ユナイテッドが武藤獲得に向けてスカウトを派遣したと報じられている。

2015年にJリーグFC東京から鳴物入りでドイツ・ブンデスリーガのマインツに加入した武藤は、これまでブンデスリーガ通算62試合に出場し19得点8アシストの数字をマークしている。今シーズンもここまで7ゴールを挙げており、チームトップスコアラーだ。

ちなみに、マインツ側は武藤を獲得した際に東京へ支払った移籍金280万ユーロ(約3億6400万円)を超えるオファーの提示があれば、交渉に応じる姿勢なのだという。

ロシアワールドカップメンバーに滑り込めば…

また『キッカー・オンライン』は、現地時間4月1日に開催されるンデスリーガ第28節のボルシア・メンヘングラードバッハ戦のスターティングメンバーに武藤が入ることを予想している。

リーグ終盤戦で活躍し、またロシアワールドカップの日本代表メンバーに食い込んで、本大会で数字を残すことができれば、プレミアリーグ挑戦の夢も現実味を帯びてくるかもしれない。

現段階では、日本代表指揮官ハリルホジッチの中では、宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、原口元気(デュッセルドルフ)、小林悠(川崎フロンターレ)、杉本健勇(セレッソ大阪)といったライバル選手より下の位置にいる武藤だが、この序列をロシアワールドカップのメンバー発表時までに覆すことはできるだろうか…。

少なくとも、残りリーグ戦で3ゴールをマークして二桁得点に乗せてアピールしたいところだ。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑