注目のバイエルン×PSG第2ラウンド!ハインケスは自信満々?

・PSG戦にリベンジ狙う新生バイエルン
現地時間5日、チャンピオンズリーググループステージ最終節が行われるが、なんといっても注目なのはバイエルン・ミュンヘン対パリ・サンジェルマンのビッグカードだ。

9月27日に開催されたグループステージ第2節では、ブラジル代表ネイマール、ウルグアイ代表エディンソン・カバーニ、フランス代表キリアン・ムバッペ等擁するパリ・サンジェルマンがバイエルンを3-0で圧勝。

ドイツ王者として挑んだバイエルンは、リーグアン2位のパリ・サンジェルマン相手に手も足も出なかった。また、この試合で大敗した直後に指揮官カルロ・アンチェロッティが解任されたこともあり、バイエルンにとって今節はリベンジマッチとなる。

さて、最終節で逆転首位通過を目指す2位バイエルンは、最終節首位のパリ・サンジェルマンとの直接対決で4点差以上の勝利を収めなければならない。

非常に高いハードルであることに違いないが、前日会見に出席した指揮官ユップ・ハインケスのコメントを聞くと、どうやら端からこのミッションを度外視しているようだ。

・1位通過はさておき…
2位通過でも満足と思わせるコメントを残した上で、「明日の試合は、私たちの名誉をかけたゲームとなる。シーズン前に5億ユーロ(約665億円)を注ぎ込んだチームと対等に戦えるということを知らしめるつもりさ。ファンに素晴らしい夜を過ごしてもらう自信がある。」

と語った。4点差以上の勝利はさておき、この一戦の結果に関してはサポーターを喜ばせられると確信しているハインケス。珍しく強気の決意を口にした。

加えてハインケスは、「チャンピオンズリーグを制覇するためには優れた選手たちが揃っている必要があるが、そうしたタレントたちが互いの特徴を理解し合っていることも重要だ。周囲へのリスペクト、チームワークが一番のカギとなるだろう」と語った。

シーズン開幕当初は不調に喘いだが、立て直しに成功して気が付けばブンデスリーガでも首位に浮上し、2位との勝点差を6としているバイエルン。
ハインケスの宣言通り、パリ・サンジェルマン相手にも前回とはまた違ったポジティブな結果を手にすることはできるだろうか。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑