西野ジャパン3バック初お披露目も機能せず…【日本対ガーナ結果】

日本代表×ガーナ代表
0 – 2
日本代表×ガーナ代表

前後半頭にセットプレーから2失点

香川真司30日、ロシアワールドカップを控える日本代表が、キリンチャレンジカップ2018でアフリカの雄ガーナ代表と対戦した

スターティングメンバーには、本田圭佑(パチューカ)をはじめ、大迫勇也(ブレーメン)、宇佐美貴史、原口元気(共にデュッセルドルフ)、長友佑都(ガラタサライ)、吉田麻也(サウサンプトン)等が抜擢される。
また、これまでボランチを主戦場としてきた長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)が、西野監督の新布陣3バックの元中央のセンターバックに入った。

試合立ち上がりこそ、宇佐美、本田を軸に素早い攻撃を見せて会場を沸かせたサムライブルーだが、思わぬ形で出ばなをくじかれる。

8分、自陣ペナルティーエリア手前でフリーキックを与えると、これをアトレティコ・マドリードに所属するキャプテンのトーマス・パーティーに直接決められて1点ビハインドに。

その後本田圭佑の枠内への直接フリーキック等いくつかチャンスシーンがあったものの、肝心なゴールを奪うことはできない。

後半から、大迫、宇佐美、原口に代えて武藤、香川、酒井高徳を投入し攻撃の活性化を試みる。がしかし、またしても立ち上がりに予期せぬ流れで失点を喫する西野ジャパン。
50分、パーティーと共にスペインでプレーするエマニュエル・ボアテングがペナルティーエリア内で川島と交錯。ガーナにペナルティキックが与えられる。

エマニュエル・ボアテング自らこのチャンスを確実にものにして、ガーナ代表がリードを2点に広げた。

その後、コンディションの良さを窺わせる香川、武藤、途中出場の柴崎等がガーナゴールを脅かすが、結局最後まで得点を奪うことができず…。前半、後半両方の立ち上がりにセットプレーから失点したことが最後まで重荷としてのしかかった。

西野監督の新布陣である3バックも初お披露目となったが、長谷部が抜けた中盤で不用意なパスミス、軽率なプレーが目立つ等ネガティブな印象だけが強く残るかたちとなってしまった。

明日ワールドカップに挑む最終メンバーを決定した後、来月にはスイス代表、パラグアイ代表との最後のテストマッチに挑むことになるが、19日の初戦コロンビア戦を前に何らかの光明の兆しを見せることができるだろうか…。

他の記事を読む

Tags: , , , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑