観客動員数でリーガがイングランド2部に負ける…?

・リーガ・エスパニョーラ<チャンピオンシップ
クリスティアーノ・ロナウド現地時間16日付のイギリスメディア『BBC』の報道によると、イングランド2部リーグのチャンピオンシップが、リーガ・エスパニョーラを上回る観客数を集客していたことが判明した。

昨シーズン、最も観客動員数が多かったのはイングランドプレミアリーグで約1360万7000人。二番目に多かったのが、お馴染みドイツブンデスリーガで約1270万4000人。

そして、その次にランクインしたのは、なんとイングランドの2部リーグにあたるチャンピオンシップだった。
レアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ・マドリードといったメガクラブが属するスペイン1部のリーガ・エスパニョーラは、その下に甘んじる結果となったことが話題となっている。

ちなみに、そのイングランドチャンピオンシップの昨シーズンの試合の中で、最も多くの観客を集客したのは、名門ニューカッスル・ユナイテッドが2017年4月14日のリーズ・ユナイテッド戦でマークした5万2000人だったそうだ。

その他、給与の平均年俸も明らかになっており、こちらもプレミアリーグが1億5300万ユーロ(約208億円)でダントツの1位、ブンデスリーガが7500万ユーロ(約102億円)2位となている。

プレミアリーグは、2位のブンデスリーガの平均年俸の倍以上の額となった。

尚、『BBC』が伝えた総観客数ランキングヨーロッパトップ10は以下のとおりとなっている

【2016-17シーズン総観客数】
1位-イングランド・プレミアリーグ(約1360万7000人)
2位-ドイツ・ブンデスリーガ(約1270万4000人)
3位-イングランド・チャンピオンシップ(2部)(約1110万6000人)
4位-スペイン・リーガ・エスパニョーラ(約1060万1000人)
5位-イタリア・セリエA(約840万8000人)
6位-フランス・リーグ・アン(約800万6000人)
7位-ドイツ・ブンデスリーガ2部(約670万2000人)
8位-オランダ・エールディビジ(約580万人)
9位-イングランド・リーグ1(3部)(約440万3000人)
10位-ポルトガル・プリメイラ・リーガ(約360万2000人)

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑