遂にベイルが戦列復帰か 今季初のBBCそろい踏み待ったなし

・ベイル復帰で今季初のBBCそろい踏みなるか
昨シーズン、前人未到のチャンピオンズリーグ連覇を達成したレアル・マドリードだが、今シーズンは序盤から黒星を2つつけるなどリーガ・エスパニョーラ連覇に早くも暗雲が立ち込めている。

その大きな原因となっているのは、ポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド、元フランス代表カリム・ベンゼマ、ウェールズ代表ギャレス・ベイルによるBBCトリオの不発ぶりだ。

昨シーズンまでは、リーガ、チャンピオンズリーグで猛威を振るってきたスタートリオだが、ここまで今シーズンはロナウド、ベンゼマ、ベイル皆わずか2得点にとどまっている。

また、スピードスターベイルに関しては10月上旬に左足ふくらはぎを傷めて長期の戦列離脱を余儀なくされており、早くも今期も負傷癖が顔をのぞかせている。

そんなベイルだが、スペイン国王杯3回戦フエンラブラダ戦で遂に復帰を果たすそうだ。前日会見に挑んだ指揮官ジネディーヌ・ジダンは、ベイルについてこのように言及している。

「明日、ギャレスはプレーすることになるだろう。どんどん良くなってきている。ここからは彼にとって必要になるのは試合勘だ。試合展開によって、我々は最善の起用法で彼を起用したいと考えている。」

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

ようやくウェールズの英雄がピッチに帰ってくるわけだが、ジダンがベイルの復帰を渇望するのには訳がある。

なんでも、今シーズンはシーズン序盤を出場停止処分で棒に振ったクリスティアーノ・ロナウド、ベイル同様負傷で離脱を強いられたカリム・ベンゼマ、そしてベイルが同時にピッチにたった試合は一度もないのだ。

BBCトリオ復活を前にジダンは、「私自身ギャレス、カリム、クリスティアーノの共存が見たくて仕方がないよ。」と珍しく感情を高ぶらせた。

レアル・マドリードは来月UAEで開催されるFIFAクラブワールドカップにヨーロッパ王者として参戦するが、重要なタイトル獲得を前に追い風が吹ている。また、ベイルは昨年日本開催のクラブワールドカップを負傷で棒に振ったため、今回が初参加となる。

2017年最後の公式戦では、リーガ・エスパニョーラでバルセロナとのクラシコも控えているレアル・マドリード。年の最後の勝負の一ヶ月を最高の形で締めくくることができるだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑