酒井先制アシストも痛恨ドローのマルセイユ 今節3位転落も?

ヨーロッパリーグ準決勝
マルセイユ対ザルツブルク – 4/26 28:05

酒井宏樹が先制ゴールをお膳立て
酒井宏樹現地時間9日、フランス・リーグアン第25節が行われ、リーグ2位の日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは敵地スタッド・ジェフリー・ギシャールでサンテティエンヌと対戦した。

直近6試合で5勝1分けと絶好調のマルセイユ。ASモナコ、オリンピック・リヨンを抑えてリーグ2位につける中、今節はリーグ12位のサンテティエンヌと激突。

マルセイユは、日本代表酒井宏樹、フランス代表ディミトリ・パイェ、フランス代表フロリアン・トバン、元ブラジル代表ルイス・グスタヴォ、フランス代表ヴァレル・ジャーメイン等が先発に名を連ねた。

対するサンテティエンヌも、今冬ボルシア・ドルトムントから新加入したセルビア代表ネヴェン・スボティッチをはじめ、ケヴィン・モネ・パケ、ヨナタン・バンバ、ヴァンサン・パジョ等ベストメンバーが顔を揃えた。

ゲームは開始早々の4分に早速動きを見せる。左サイドでボールを受けた酒井宏樹が、右足でペナルティエリア内へやわらかいクロスを供給すると、これにファーポストで待ち受けていたフロリアン・トバンが巧みなダイレクトボレーで合わせる。
これがサンテティエンヌゴールに突き刺さり、酒井のお膳立てからマルセイユが先制点をマークした。

しかしながら、ホームのサンテティエンヌもすぐさま反撃。9分、ケヴィン・モネ・パケが同点ゴールを決めた。

だがその10分後にまたしてもマルセイユが勝ち越しに成功する。今度は右サイドバックのブナ・サルのピンポイントクロスに、モルガン・サンソンがダイレクトで合わせてスコアを2-1とした。両サイドバックのアシストにより、マルセイユが2点を奪取。

だが、後半に入ると、74分に途中出場のロベルト・ベリッチにまたしても同点ゴールを許してしまい、結局2-2のドローに終わった。

これにより、パリ・サンジェルマンとの勝点差は暫定で10に。3位モナコとの勝点差は2となっていることから、今日モナコが勝利した場合順位は入れ替わる。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑