錦織がノビコフにリベンジ成功!アメリカで復帰後初勝利

・同じ過ちを二度繰り返さなかった錦織
錦織圭現地時間29日、男子テニスのエキシビジョンコンペティション、RBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、ハード、ATPチャレンジャー)が開幕し、シングルス一回戦が行われた。

第1シードの錦織圭は、初日から登場。ATP世界ランキング214位のD・ノビコフ(アメリカ)を6-3, 6-3のストレートで下し、二回戦へと駒を進めた。5ヶ月ぶりに実戦復帰を果たして以降、初勝利を手にした。

同大会と同じく下部大会のニューポートビーチ・チャレンジャー(アメリカ/ニューポートビーチ、ハード、ATPチャレンジャー)で対戦したばかりの両者だが、今回は錦織が前回の雪辱を晴らす格好となった。

2017年のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)以来 となる公式戦だったニューポートビーチ・チャレンジャーでは、フルセットの末にD・ノビコフに敗れていた。

・トップフォームに戻るまでもう少し?
さて、ようやく復帰後初勝利を手にし、そのあまりにも長いトンネルを脱することに成功した錦織圭。2回戦では、予選から勝ち上がったE・カルロフスキ(ロシア)とM・バッヒンガー(ドイツ)の勝者と対戦する。

今日の試合、錦織は第二セット立ち上がりのサーブがやや乱れた以外は、ほとんど完璧なゲーム運びで危なげなく勝利を手にした。コンディションがトップフォームへと戻るまで、そう時間はかからないのではないか。

錦織は試合後、自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」にてコーチのM・チャンと、ダンテ・ボッティーニとの3ショット写真を掲載し、「ダラスでの今日のゲームは非常に楽しかった。日本のファンの方も多くいた。水曜日の二回戦でまた会いましょう」と英語で綴った。

尚、錦織の他に日本勢では伊藤竜馬もエントリーしたが、残念ながら一回戦でM・マクドナルド(アメリカ)の前に5-7, 3-6のストレート負けを喫し、早くも大会を後にすることとなった。

他の記事を読む

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑