錦織は前回から変わらず13位【最新ATP世界ランキング】

負傷でシーズンを終えた錦織は13位

現地時間18日、男子テニスATP世界ランキングが更新された。

今季、ブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)で約3年ぶりにツアー優勝を果たした錦織圭。

前回から変わらず13位となった。

錦織は、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)と3つのグランドスラムで8強に進出し、改めてポテンシャルの高さを世界に知らしめた。

その後は、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でまさかの3回戦敗退を喫すると、右ひじを負傷し今季の幕が閉じた。

ちなみに、Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)で準優勝したD・ティーム(オーストリア)は一つ順位を上げて4位となっている。

男子ATP世界ランキング トップ15

そんな11月18日付の男子ATP世界ランキング トップ15は以下の通り!

▷1位[ – ]–R・ナダル(スペイン)
9,985ポイント(9,585ポイント)

▷2位[ – ]–N・ジョコビッチ(セルビア)
9,145ポイント(8,945ポイント)

▷3位[ – ]–R・フェデラー(スイス)
6,590ポイント(6,190ポイント)

▷4位[ ↑1 ]–D・ティーム
5,825ポイント(5,025ポイント)

▷5位[ ↓1 ]–D・メドヴェデフ(ロシア)
5,705ポイント(5,705ポイント)

▷6位[ – ]–S・チチパス(ギリシャ)
5,300ポイント(4,000ポイント)

▷7位[ – ]–A・ズベレフ(ドイツ)
3,345ポイント(2,945ポイント)

▷8位[ – ]–M・ベレッティーニ(イタリア)
2,870ポイント(2,670ポイント)

▷9位[ – ]–R・バウティスタ=アグ(スペイン)
2,540ポイント(2,540ポイント)

▷10位[ – ]–G・モンフィス(フランス)
2,530ポイント(2,530ポイント)

▷11位[ – ]–D・ゴファン(ベルギー)
2,335ポイント(2,335ポイント)

▷12位[ – ]–F・フォニーニ(イタリア)
2,290ポイント(2,290ポイント)

▷13位[ – ]–錦織圭
2,180ポイント(2,180ポイント)

▷14位[ – ]–D・シュワルツマン(アルゼンチン)
2,125ポイント(2,125ポイント)

▷15位[ – ]–D・シャポバロフ(カナダ)
2,050ポイント(2,050ポイント)

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑