錦織圭、復帰後初優勝も順位変わらず【最新ATPランキング】

復帰後初優勝も順位変わらず

錦織圭全豪オープンが閉幕し、ATP世界ランキングが新たに更新された。

エキシビジョンコンペティションのRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATPチャレンジャー)で、長期離脱から初優勝を飾った錦織圭は、前回から100ポイントを加算。しかしながら、順位は27位から変動なし。

2010年11月にエントリーしたノックスビル・チャレンジャー(アメリカ/ノックスビル、室内ハード、ATPチャレンジャー)以来、実に7年ぶりに下部大会を制した錦織。

今後は、12日に開幕するニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)、26日に開幕するアビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)に参加する予定となっている。

少しずつATPポイントの値が大きくなっていくが、今月のこの2つの大会を制して、さらにマックス750ポイントの上乗せに成功すれば、トップ20入りは射程圏内となるが、はたしてどれだけのポイントを加算させることができるだろうか。

尚、最新男子ATP世界ランキングトップ30は以下の通り。首位ラファエル・ナダル、2位全豪オープンを制覇したロジャー・フェデラー、3位全豪オープン準優勝マリン・チリッチと上位勢の変動は無かった。

▼1位[ – ]…R・ナダル(スペイン)
9,760P(9,760P)

▼2位[ – ]…R・フェデラー(スイス)
9,605P(9,605P)

▼3位[ – ]…M・チリッチ(クロアチア)
4,960P(4,960P)

▼4位[ – ]…G・ディミトロフ(ブルガリア)
4,630P(4,630P)

▼5位[ – ]…A・ズベレフ(ドイツ)
4,610P(4,610P)

▼6位[ – ]…D・ティーム(オーストリア)
4,060P(4,060P)

▼7位[ – ]…D・ゴファン(ベルギー)
3,460P(3,460P)

▼8位[ – ]…J・ソック(アメリカ)
2,880P(2,880P)

▼9位[ – ]…J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)
2,815P(2,815P)

▼10位[ – ]…P・カレノ=ブスタ(スペイン)
2,705P(2,705P)

▼11位[ – ]…K・アンダーソン(南アフリカ)
2,620P(2,620P)

▼12位[ – ]…S・クエリー(アメリカ)
2,490P(2,490P)

▼13位[ – ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
2,470P(2,470P)

▼14位[ – ]…N・キリオス(オーストラリア)
2,395P(2,395P)

▼15位[ – ]…S・ワウリンカ(スイス)
2,385P(2,385P)

▼16位[ – ]…T・ベルディヒ(チェコ共和国)
2,320P(2,320P)

▼17位[ – ]…L・プイユ(フランス)
2,235P(2,235P)

▼18位[ – ]…J・イズナー(アメリカ)
2,230P(2,230P)

▼19位[ – ]…JW・ツォンガ(フランス)
2,050P(2,050P)

▼20位[ – ]…A・マレー(英国)
1,960P(1,960P)

▼21位[ – ]…A・ラモス=ヴィノラス(スペイン)
1,925P(1,925P)

▼22位[ – ]…F・フォニーニ(イタリア)
1,850P(1,850P)

▼23位[ – ]…R・バウティスタ=アグ(スペイン)
1,845P(1,845P)

▼24位[ – ]…D・シュワルツマン(アルゼンチン)
1,810P(1,810P)

▼25位[ – ]…A・マナリノ(フランス)
1,670P(1,705P)

▼26位[ – ]…K・エドモンド(英国)
1,667P(1,667P)

▼27位[ – ]…錦織圭
1,655P(1,555P)

▼28位[ – ]…G・ミュラー(ルクセンブルグ)
1,535P(1,535P)

▼29位[ – ]…チョン・ヒョン(韓国)
1,472P(1,472P)

▼30位[ – ]…D・ズムル(ボスニア)
1,471P(1,471P)

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑