香川がデビュー戦で魅せた!【3分間で2得点の鮮烈デビュー】

投入後16秒でデビュー弾炸裂

香川真司ロシアワールドカップの10番が新天地で大仕事をやってのけた。

現地時間3日、トルコ1部リーグ第20節が行われ、ベジュクタシュとアンタルヤスポルが対戦した。

先月31日、ボルシア・ドルトムントからレンタルでベシクタシュに加入した香川真司は、この試合4-1でリードしている状況から80分にリャイッチとの交代でピッチに入った。

そのわずか16秒後、個人のドリブル突破からスーパーゴールをねじ込み、ファーストタッチであっという間にデビュー弾。

さらにその3分後には、美しい縦転のかかった直接フリーキックでアンタルヤスポルゴールを揺らしてあっさり加入後2得点目をマーク。

アジアカップ決勝戦試合結果

あまりにも鮮烈なデビューとなった香川だが、この活躍にはヨーロッパの主要メディアも手放しで賛辞を送っている。

ドイツ大手メディア『キッカー』は、「3分で2ゴール、カガワはジョーカーとして夢のようなデビューを飾った」と報じると、ドイツ版『onefootball』も「ジョーカーで2ゴール。ベシクタシュで素晴らしいデビューを飾ったカガワ」とレポート。

トルコメディア『ヒュッリイェト』も、「シンジ・カガワ、ファーストタッチでベシクタシュの大勝に貢献」と大々的に報じた。

また、香川自身もこれだけインパクトのあるデビューを飾れるとは想像していなかったようだ。試合後このようにコメントしている。

「自分自身も予想していなかった。ファーストタッチがファーストゴールになったからね。ラッキーだった、今日は運が良かったと思います。2点目についても、強いシュートではなかったが、GKが反対側に動いた。だからラッキーだった。」

ロシアワールドカップでは日本代表の主力として決勝トーナメント進出に貢献した香川だが、ボルシア・ドルトムントでは半年間ほとんど公式戦に出ることができなかった。

ここから香川真司の逆襲が始まる…。

ベッティングトップ10では、今月も世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

日本代表出場のコパ・アメリカグループステージ一覧

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑