香川が今季初スタメンで初ゴール!通算37得点で岡崎の記録に並ぶ

・今季初ゴールで岡崎の記録に並ぶ
現地時間20日、ブンデスリーガ第5節が行われ、日本代表の香川真司が所属するドルトムントは、アウェーで同じく日本代表の酒井高徳が所属するハンブルガーSVと対戦した。

この試合で、今シーズン初の先発入りを果たした香川は、前半にセットプレーからのこぼれ球を押し込んでドルトムントの先制点となる今シーズン初ゴールをマーク。この得点が、香川にとってブンデスリーガ通算37ゴール目となった。リーグ戦初スタメンを勝ち取るやいなや、即数字を残した香川はゴール直後雄たけびをあげながら膝でスライディングし喜びを爆発させた。

ドイツメディア『Sport1』もこの日の香川の得点をピックアップしている。ブンデスリーガでの通算37ゴールという記録は、同じく日本代表の岡崎慎司がシュツットガルト、マインツに在籍していた際にブンデスリーガで記録したゴール数と同じゴール数となっており、同時に「37」という数字は日本人最多ゴール数でもある。岡崎はマインツ時代に2シーズン連続での二ケタゴールという偉業を達成しており、香川もこの得点記録に並んだというわけだ。

『Sport1』は、「カガワはハンブルク戦の得点で、同胞であるシンジオカザキに並んだ。」と見出しを付け、両者の記録を比較している。岡崎は通算128試合で37得点だったのに対し、香川は2試合多い通算130試合で37得点なんだそうだ。

・あの衝撃からはやくも7年
ブンデスリーガの公式ホームページでも香川の37得点目を取り上げており、7年前の2010-11シーズンドルトムント加入初年度のルールダービーで、当時ノイアーから奪った衝撃的な2ゴールや、2011-12シーズンに13ゴールを挙げてチームのスクデット獲得に大きく貢献した事など、過去の香川の栄光を振り返っている。

この2シーズンに比べれば、得点ペースこそ落ちているものの、今やブンデスリーガ屈指のクラブとなったドルトムントで毎シーズン試合に出場し続けているというのは凄いことだ。先週のミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグのグループステージトッテナム戦でも先発起用されるとアシストをマークしていたが、出場機会さえ与えられれば確実に数字を残している香川。

ライバルにカストロ、ゲッツェ、プリシッチ、ダフード、フィリップスと実力者が揃っているが、香川にとっては今日のハンブルガーSV戦は指揮官ボスへの大きなアピールになったのではないだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑