2020年バーレーングランプリ【予想とオッズ】

大手ブックメーカーサイトと10ベット(10Bet Japan)と188ベット(188Bet)での優勝ドライバー予想オッズは以下の通りとなっている。

ルイス・ハミルトンが圧倒的なオッズを付けられる中、果たして勝利するのはどのドライバーか?

注目の2020年バーレーングランプリ11月30日に開催予定‼

ルイス・ハミルトン バルテリ・ボッタス マックス・フェルスタッペン アレックス・アルボン ルイス・ハミルトン バルテリ・ボッタス マックス・フェルスタッペン アレックス・アルボン
1.25 6.50 6.50 41.00 1.25 6.50 6.50 41.00

ベッティングトップ10では、世界各国の注目レースの最新オッズ記事を随時更新します。

オッズ確認の前に!レースプレビューチェック!

絶好調のルイス・ハミルトン

前回大会のトルコ・グランプリでも勝利したルイス・ハミルトン。もはやその強さは圧倒的で、見事今季最多の4連勝を飾る結果となりました。

これでハミルトンは、2020年のF1世界選手権を制し、ミハエル・シューマッハの7回のF1ワールドチャンピオンという史上最多記録に並び、さらには史上最多数と最多ポールポジション記録を保持するドライバーにもなりました。

メルセデスが提供するハイスペックF1マシンと、最強ドライバーであるハミルトンのタッグは、当然ながらバーレーン・グランプリでも大本命となるでしょう。

大混戦のトルコ・グランプリも制したハミルトン

トルコ・グランプリは、コースコンディションでも話題を呼んだ大会となりました。

最近再舗装が行われたばかりのイスタンブール・パークのコースは、著しくグリップに欠ける路面となっており、加えて、土曜日の雨で状況が格段に悪化したことで、誰もが苦戦を強いられるレースとなったのです。

また、ポールポジションはランス・ストロールが獲得し、決勝序盤ではレーシングポイントがワンツー体制を築くなど、波乱含みの場面もありました。

そのような荒れ模様でしたが、終わってみればハミルトンが勝利をもぎ取る結果となっています。

もはや展開に左右されず安定した強さを見せる点も折り紙付き、他のドライバーと比較すると一線を画しています。

対抗不在

オッズだけを見れば、とても妙味があるとは思えないハミルトンですが、かといって目立った対抗も不在というのが現在のF1です。

むしろ低いオッズを嫌い、無理やり高いオッズを負った方がリスクは高いように感じます。

よって、今回のバーレーン・グランプリにベットする場合は、ハミルトン1点に厚くベットする手段が、最も効率的であると考えられるでしょう。


About the Author

ギャンブルとスポーツ(特にサッカー、NBA)をこよなく愛するウェブライターです。




Back to Top ↑