3人抜きゴールの武藤がブンデス公式のベストイレブンに選出!

・武藤がベストイレブンに選出される
マインツに所属する日本代表フォワードの武藤嘉紀が、今シーズン初となるブンデスリーガ公式サイトの今節ベストイレブンに選出された。

現地時間20日に行われたホッフェンハイム戦でセンターフォワードとして先発出場した武藤は、15分にペナルティエリア手前でリターンパスを受けるとそのまま相手ディフェンダーを3枚剥がして角度のないところからキーパーの股を抜く鋭いシュートを突き刺した。目の覚めるような一発だった。なすすべがなかったホッフェンハイムのオリヴァー・バウマンも、失点後悔しさを抑えきれないでいた。

ドイツメディアも、この圧倒的な「個人技」による得点を含む武藤の活躍を評価している。「キッカー」は、「ゴールシーンは然ることながら常にマインツの高い位置でのハイプレスの原動力となっていた」とゴール以外での貢献度も評価し、両チーム最高タイとなる「2」の数字を与えた。

武藤を今節のベストイレブンに選出したブンデスリーガ公式サイトは、「ゴール前での最高のムトウが帰ってきた。チームの2点目をマーク。これは日本代表ストライカーにとって今シーズン2ゴール目となった。オールラウンドなプレーで、マインツにとっていかに欠かせない選手であるかということを改めて見せつけた」と称えている。

尚、今節のベストイレブンには、武藤の他にフランクフルトの守護神フラデツキー、ボルシア・ドルトムントのディフェンダー、ザガドゥー、トプラク、ボルシア・メンヘングラードバッハのエルヴェディ、ヘルタ・ベルリンのマシュー・レッキー、ホッフェンハイムのルカス・ルップ、ナディエム・アミリ、バイエルン・ミュンヘンで今シーズン初先発で初ゴールをマークしたハメス・ロドリゲス、フランクフルトのハーラー、ボルシア・メンヘングラードバッハのラファエルが選出されている。

マインツは次節同じく日本代表の原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと対戦するが、武藤は2戦連続ゴールを記録することができるだろうか。今シーズン第5節終了時点でチーム内で唯一の2ゴールゲッターとなった武藤は、上々の滑り出しを見せている。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑